syt2018011701より遠いSTAGE03 「フォローバックが止まらないです。

このアニメを選んだのは、とくに理由がないのですが、ストーリー概要を聞いて面白そうとおもったからです。こういう、特殊技能ものというか、自然科学を絡めたチャレンジものに弱い傾向がありますのです。

まぁ、南極もののアニメって珍しいですしね。
ただ、事前知識としては、それ以上のものはほぼなくって、何か面白そうというだけの状態です。

先週の第二話では、三人目の仲間として今までの二人と違って明るい感じの日向ちゃんが登場しました。
そんな彼女を交えて、南極隊隊員たちに近付く作戦を採る三人でしたが、どうやら報瀬ちゃんは本当に南極隊に関係があるようですね。
そして、そんな南極隊隊員たちと一緒にいた少女が気になりますね。

ということで、宇宙よりも遠い場所 第三話 「フォローバックが止まらない」感想行きます。
たぶんオリジナルアニメーションなので、原作はないと思っていますが。

あらすじ:公式から引用

報瀬の部屋に集まったキマリたちは、スマホを片手に高校生が南極に行く方法を探す。

そんなものが簡単に見つかるはずもないと思っていた矢先、南極観測隊に取材班と共に現役女子高生であり、女優でもある白石結月が同行するという記事を見つけるキマリたち。

結月が所属する事務所に私も同行できるように掛け合ってと騒ぐ報瀬に巻き込まれ、電話を押し付け合うキマリたちの前に結月が現れる。

syt2018011702感想:

宇宙よりも遠い場所 STAGE03 「フォローバックが止まらない」です。


今週は、先週南極隊隊員たちの宴会の中でちらっとだけ映った白石結月ちゃんを中心としたエピソードでした。やはり仲間になるわけですね。

彼女は、どうやらタレントとして南極に行くことになっていたようで、それが記事にもなっていたことから、キマリちゃんたちが知ることになります。
一方結月ちゃんは結月ちゃんで、先週のドタバタ騒ぎからキマリちゃんたちを知っていたようですね。

実際彼女は、南極に行きたくはなかったようですが、それよりも彼女の心の中で問題だったのが、友達がいなかったということですか。そんな彼女は、キマリちゃんたちと触れ合ううちに本当の友達となって行くという感じですか。

よくある展開といえばそうなんですが、逆にちょっと古くさい絵柄と交わってなかなか良い味を出していたと思います。

とはいえ、人数を増やすと、それだけ経費がかかるわけで、先週あれだけ騒いでいた資金難なのに、大丈夫なんでしょうか?それよりも、結月ちゃんがもたらすメリットが大きいのかな?