lls2017123002ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #13「私たちの輝き」です。


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


先週の第十ニ話は、ラブライブ!決勝戦へ向かう回でした。


千歌ちゃんが中心となってラブライブ!に優勝したいということでまとまるわけですが、メンバーは一人になってそれぞれの思いを確認し、もう一度集まって歌うという展開でした。

その結果はどうなんでしょうということで、最終回に続くですが、まぁ予想通り本戦ライブをしっかりやらないんでしょうね。


ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第十三話 最終回「私たちの輝き」感想行きます。

今までの『ラブライブ!』シリーズは映画も含めて完走です。感想も書いています。μ'sとAqoursの曲は、ほぼ全て聞いています。スクフェスもやっている、ラブライバーです。ちなみに、推しは桜内梨子ちゃんです。


あらすじ:公式から引用)できず。

ラブライブ!決勝戦を終えたAquos」のメンバーたち。
その結果は、優勝であった。

しかし、優勝をしても
浦の星女学院高校の閉校という事実は変わらない。

lls2017123001感想:

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #123「私たちの輝き」です。


最終回は、全てが終わったその後という展開でした。

ラブライブ!決勝戦の結果は優勝だったのですが、その決勝戦の様子は、ラブライブ!の今までのパターン通り描写されずというものでした。あくまでもアニメ全体を通してのテーマは、学校存続のために頑張るAquos」のメンバーということで、ラブライブ!で成長して勝ち上がっていくAquos」のメンバーというわけではないようですね。


最終回は、その流れ通りに、千歌ちゃんが振り返り落ち込み、そして浦の星女学院高校の生徒たちに救われて、もう一度最後に学校でAquos」のライブをする展開でした。

そのAquos」のライブ衣装が、今までの歴史をたどるように変わっていくのが良かったです。最後が浦の星女学院高校の制服になるのがまた良かったですね。


そして、オリジナルアニメの告知ですか。

今回ずっと飛ばしていた、ラブライブ!の戦いを中心にまとめるなんてのも面白いかもしれません。

ただそれだと新曲が使えないので、「ラブライブ!」のときのようなその後の展開になるのでしょうね。


どちらにしても、もっともっと「ラブライブ!」の道は続くですね。