kjs2017121802クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第十話では、帝国軍との闘いが一旦終結し、ひとまず日常を取り戻すという感じで始まりました。
今週のポイントは、まずリョダリが生きていたところでしょうか。というか、リョダリを隠したオルカの方がキーでしょうか。もう一人、新しい国の王子ロハリトもポイントですかね。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第11話「夢の話だ」感想行きます。

原作は既読です。ネタバレはしないように気をつけます。


あらすじ:公式から引用

スキロス崩壊の責任を問うため、司令官のアラフニと、作戦の総指揮者オルカが帝国軍の上層部に招聘される。ふたりには極刑が下る予定であったが、オルカの反論が風向きを変える。

kjs2017121801感想:

クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」です。


今週の前半は、帝国軍側でのオルカの審問でした。

ほとんどオルカというか石田彰さんのワンマンショーという感じでした。速水 奨さんもいい感じではありましたが、次週が最終回なので、もうほとんど出番がないですね。


そして、泥クジラが流刑と呼ばれた原因が明らかになりました。

潮というか砂の流れが、泥クジラの動きを限定していたのですね。浮いて流れることはできるが舵を撮れない泥クジラは、巻いて流れる潮から逃れることができず、潮の流れの檻に閉じ込められていたということですか。

舵を採れるようになった泥クジラは、どうやらロハリトの国、スィデラシア連合王国へ向かう感じでしょうか。


そして、その泥クジラでは、内乱が。オウニは”印”側というか「体内モグラ」側につくのでしょうか。


というか、次週で終わりですね。どう終わらせるのでしょうか?