my2017121701魔法使いの嫁 #11「Lovers ever run before the clock.」です。


最近は、カラオケに行くと、JUNNAさんの「Here」を一番に歌っています。この主題歌ですね。

『魔法使いの嫁』ですが、ヤマザキコレさんのコミックスが原作のアニメです。ジャンルとしては、少女漫画系の魔法ファンタジーという感じでしょうか。
原作は、すでにかなり人気で「このマンガがすごい!」の人気投票などでも確か二位になっていたように思います。

すでにOVAになっているというか劇場公開されているのですが、実際にはコミックスの特装版用につくられたOVAを劇場用に公開したもので、内容的には番外編といってもいいかんじなので、初アニメ化だと思っていただいていいと思います。
ただ、そのOVAも面白かったですけどね。ただ原作既読者だけが面白く感じるスピンオフ的な内容で、原作未読者は面白くなかったかもと、ちょっと感じています。


この秋からのアニメは、原作の第一巻からきれいにやるようなので、原作未読の方にも十分面白さが伝わってくれるのではと期待しています。

先週の第十話は、「竜の国」を守護する管理者であるリンデルが、魔法使いの杖を作るためという理由で呼び出されたチセちゃんを呼び出すお話しでした。
どうやらリンデルはチセちゃんがエリアスに「飼われている」状態なのではということを心配しての行動だったようです。

エリアスは、チセちゃんがいなくなったことで、今までにない感情を抱いたようですが。

ということで、魔法使いの嫁 第十一話「Lovers ever run before the clock.」感想行きます。

原作は既読です。ネタバレはしないように気をつけます。


あらすじ:公式から引用

ヒトのふりをしたがる、奇妙な為り損ない。
いつしかエリアスが 己のことを話さなくなったのは、師の教え故か、人への苦い記憶がそうさせるのか。


リンデルの二つ名、百花の歌(エコーズ)の由来。

その歌は雪解けの水音に似て、朗々と風に乗り、季節外れの開花と妖精たちの輪舞を現出させる。

そして歌の魔力はチセが覗き込む水面(みなも)を水鏡に変えた。


水鏡の向こう側に見える姿はもちろん──。


my2017121702感想:

魔法使いの嫁 #11「Lovers ever run before the clock.」です。


このサブタイトルは、直訳すると「恋人たちは、時計の前に走る」って感じですか。

調べてみるとシェイクスピアからの引用のようですが、よく分かりません。「ヴェニスの商人」らしいのですが。


今週は、先週の続きで、エリアスの過去についてですね。
ポイントは、エリアスが人を食べたことがあるのではということでしょうか。実際には、エリアスが本当に食べたかどうかはわからないのですが、まぁ食べたことがなくても、食べる種族というか生き物だろうというのは、皆が考えているので、実際には食べたことがあるかないかは、あまり関係がなさそうです。

そして、本当のポイントはその事実を知ったチセちゃんの態度でしょうが、彼女の態度はほとんど変わりませんでした。理由の一つは、自分が食べられるのではという場面に出くわしたからでしょうか。
彼の過去よりも、早く会って彼に自分の過去も話して対等になりたいと考えている様子もありました。

そういう意味では、そこがサブタイトルに繋がるんでしょうね。

エリアスも心を持たないということで、人間も食べたりしたわけでしょうけれど、チセちゃんがいなくなって寂しいという感覚はあったようです。
暖炉の火がチセちゃんと話したあと消されていたのが、その証拠という感じでしょうね。

それにしても、魔法や妖精に関わるシーンが、相変わらずいいですね。今回も杖を作る部分とか、リンデルが歌う部分とか、チセちゃんとエリアスが心を交わす部分とか、綺麗で良かったです。