lls2017112601ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #8「HAKODATE」です。


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


先週の第七話は、ラブライブ!地区大会を終えて学校存続問題に決着が着くお話しでした。

結局、地区大会に勝利して、Aqoursの知名度が上がり入学志願者も倍増するわけですが、それでも目標とする100人には届かず学校統合が決まってしまうという展開でした。

ただ、「ラブライブ!」については、学校の名前を歴史に刻んでほしいという在校生の願いから、そのままトップを目指すことになります。


ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第八話「HAKODATE」感想行きます。

今までの『ラブライブ!』シリーズは映画も含めて完走です。感想も書いています。μ'sとAqoursの曲は、ほぼ全て聞いています。スクフェスもやっている、ラブライバーです。ちなみに、推しは桜内梨子ちゃんです。


あらすじ:公式から引用)できず。

学校の存続問題にひとまず決着が付き「ラブライブ!」全国大会の決勝に備えるAqours。
そんな彼女たちは、
「ラブライブ!」の北海道地区予選の決勝にゲストとして呼ばれていた。

北海道といえば、かつてAqoursと対立したことがあるSaint Snowの故郷。
Saint Snowと出会い、当然彼女たちが全国大会へ向かうのだろうと考えていたAqoursだったが、Saint Snowは、ミスを起こしてしまい敗退する。

ショックを受ける面々だったが、その中でも特に鹿角 理亞は、ひどく落ち込んでいた。そして
黒澤 ルビィは、そんな彼女の姿がなぜかひどく気になっていた。

lls2017112602感想:

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #8「HAKODATE」です。


今週は、Saint Snowの回といいますか、ルビィちゃん回、黒澤姉妹回でした。


「ラブライブ!」の北海道地区予選の決勝にゲストとして呼ばれてたAqoursとSaint Snowが再会するお話でしたが、鹿角 理亞ちゃんが失敗してSaint Snowが地区予選で敗退するという流れでした。


失敗ライブと、恐らく盛り下がる雰囲気という流れですから、今週はライブ映像が全く挟まれませんでした。その負荷が減ったためか、全体としては作画の質が上がっていたのがちょっと皮肉でした。特に花丸ちゃんが良かったですねぇ。ハンバーグ食べるところとか。(苦笑


さて、流れとしては、落ち込む鹿角 理亞ちゃんと、彼女を気にする黒澤ルビィちゃんの絡みを描くという感じでした。二人は同じように姉をグループ・ユニットに抱えていて、同じように姉を尊敬しているという感じでしょうか。なので、ルビィちゃんは理亞ちゃんに妙にシンパシーを感じていたようですね。同じツインテールだし。(たぶん違う)


楽屋でも、いつもすごく強気で強引な理亞ちゃんの手が震えているのに気づいていたシーンが挟まれていましたし、ベッドで泣いている場面を目撃していました。


なので、全般的には、ルビィちゃん回というよりも、理亞ちゃん✕ルビィちゃん回で、裏側では黒澤姉妹回という感じでしょうか。エンドクレジットの画像も黒澤姉妹でしたし。


さて、お話的には珍しく一話完結的にならずに、そのまま次週に続くになりましたので、次週は恐らくルビィちゃん✕理亞ちゃんのユニットでのライブが来るのではないかという気がしました。

ただそれだと、お姉さんが絡めないので、たぶんSaint Snow✕Aqoursのコラボではないかなと期待していますが、どうなんでしょうか?