kjs2017112101クジラの子らは砂上に歌う 第七節 「お前たちの未来が見たい」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第六話では、敵との開戦期限が迫って、“泥クジラ(ファレナ)”の人々が闘いの準備を整えようとするところから始まりました。印の中から選りすぐられたチャクロを始めとする印のメンバーが、敵の船に進入する役割を担うことになるのです。

そして、ついに印のメンバーは闘いへと赴こうとするのですが・・・。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第7話「お前たちの未来が見たい」感想行きます。

原作は既読です。ネタバレはしないように気をつけます。最新10巻は、9月に発売されました。


あらすじ:公式から引用

予告通り、帝国軍の戦艦スキロスは泥クジラに襲来。
激しい戦闘が続く頃、チャクロやオウニたちで編成された突撃部隊は、スキロスへの潜入を試みる。

kjs2017112102感想:

クジラの子らは砂上に歌う 第七節 「お前たちの未来が見たい」です。


今週は、いよいよ、敵との闘いが始まりました。
帝国軍の戦艦スキロスに“情念動(サイミア)”を操れる“印(しるし)”を持つ突撃部隊が忍び込むわけなのですが、その分泥クジラは当然手薄になるわけですよね。

残ったメンバーも色々と作戦を練って迎え撃つわけなのですが、やはりやれることは限られています。しかも、相手を殺すことに喜々とする子供たちに、スオウは危機感を感じます。当然ですよね。

ただ、スオウの周りの仲間たちが殺されていくと、スオウも段々と怒りを蓄積して、変わってきます。

ハクジが望んだように泥クジラを沈めてしまっていたこととどちらが良かったのかということは分かりが、一気に全滅してしまうことがない限り、闘って仲間を守りたいと思うのは当然という気もします。ハクジも最終的には子供の未来を守ろうとしたわけですから。

そして、スキロスに潜入した突撃部隊ですが、リコスがすんなり行き過ぎると感じることからして、どうやら罠を仕掛けられた感じですね。

絶体絶命のピンチに陥った突撃部隊と島のスオウですが、闘っていたオウニとシュアンがどちらもいるので、どうにかしてくれそうな感じもしますがどうでしょう。