kjs2017110601クジラの子らは砂上に歌う 第六節 「明日、人を殺してしまうかもしれない」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第五話では、泥の世界全体についての説明がされました。泥クジラの心臓と言える魂形(ヌース)が人間の感情を食べていることが語られましたが、どうしてか魂形(ヌース)・ファレナだけが感情を食することがなく、そのためファレナの人々が罪人と呼ばれることになったようです。

ただ、その事実を知っているのは“帝国”だということですが、それ以外にも国があり、“帝国”と対立しているということですが、ファレナの人々はそこに賭けるようですね。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第6話「明日、人を殺してしまうかもしれない」感想行きます。

原作は既読です。ネタバレはしないように気をつけます。最新10巻は、9月に発売されました。


あらすじ:公式から引用

泥クジラの面々は、無抵抗に船を沈めるのではなく、帝国軍との戦いを決意する。
戸惑いと緊張に包まれながら準備を進める中、オウニは外の世界に憧れた過去に想いを馳せる。

kjs2017110602感想:

クジラの子らは砂上に歌う 第六節 「明日、人を殺してしまうかもしれない」です。


今週は、いよいよ、敵との開戦期限が迫って、“泥クジラ(ファレナ)”の人々が闘いの準備を整えようとするところから始まりました。実際に闘いをするのは“情念動(サイミア)”を操れる“印(しるし)”を持つ人々。印を持つ人々は短命のため、子供も多く参加することになります。

そんな中、人々は、束の間の休息を楽しみ、スオウやリコスなど仲間になりきれていなかった子供たちも、次第に仲間として溶け込んでいきます。

そして、期限が近付いたとき、印の中から選りすぐられたチャクロを始めとする印のメンバーが、敵の船に進入する役割を担うことになります。

という感じのエピソードだったでしょうか。

リコスは、完全に感情を取り戻していて、どうやらチャクロが気になっている様子です。ただ、チャクロはずっとサミのことを忘れられないようですね。それにしても、だんだんとチャクロの存在感が薄くなってしまっている感じがしますねぇ。
一方、スオウとオウニの物語りにおいての存在感がどんどんと高まっている感じです。
特にオウニとニビの関係が過去エピソードを交えて描かれました。これだけ過去エピソードが丁寧に描かれれば、伏線ですかって感じですよね。

もう一つ、ネリとそっくりなエマが気になりますね。双子のような容姿ですが、普通の人間ではないです。一体どういう人間(?)なのでしょうか。