kjs2017102302クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」です。


このアニメを選んだ理由は単純で、原作を読んでいるからですね。
『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクインしたときの解説を読んで読んでみたくなり、読んでみたら面白かったというところです。

ジャンル的には、単純に言えばSFファンタジーというか貴種流離譚というところでしょうか。読む前は、『デューン』シリーズを想像していたのですが、まぁ「砂の惑星」というところで連想しただけですけどね。
実際には、基本はボーイミーツガールではないのかなという気もしますが、そこがどうなるのかは、ちょっとネタバレ気味になるのでやめておきます。


コミックスの梅田阿比さんの絵柄はちょっと独特というか古くさい部分もあるのですが、それがどうアニメで化けるかが楽しみだったりするのですがJ.C.STAFFなので、どうなんでしょうか。ただ、監督が「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイさんで、キャラデザが飯塚晴子さんだったりするので、期待できるかも。

先週の第二話は、チャクロとオウニがリコスが見つかった廃墟と化した船で、人間の感情を食べる「ヌース・リコス」を見つけるところから始まりました。
徐々に感情を取り戻して来たリコスは、チャクロや長老会に「泥クジラ」に住まう人々「鯨(ファレナ)の罪人たち」は狙われていると伝えようとします。

ということで、クジラの子らは砂上に歌う 第3話「こんな世界は、もうどうでもいい」感想行きます。

原作は既読です。ネタバレはしないように気をつけます。最新10巻は、9月に発売されました。


あらすじ:公式から引用

突如として襲来した“帝国”の感情無き兵士“アパトイア”たちに翻弄され、次々と倒れゆく泥クジラの住人たち。
オウニ率いる“体内モグラ”や自警団の面々は、サイミアを使って反撃を開始する。

kjs2017102301感想:

クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」です。


今週は、非常に大きな展開でした。まさにびっくりですね。先週のラスト引きも少し匂わせていましたが。

今週のエピソードは、突然襲いかかった“帝国”の感情無き兵士“アパトイア”に、「泥クジラ」の住人たちが襲われる展開から始まりました。なぜ殺されるかもまったく分からない中で、どんどんと殺される展開は、かなり厳しいですね。辛かった・・・。

普通に考えると、「泥クジラ」の住人のことを「鯨(ファレナ)の罪人たち」と呼んでいることからして、どうもオーストラリアのように流された罪人の子孫たちではないかという気がしてきますが、どうなんでしょうね。

そしてポイントはサイミアでしょうか。元々は、「泥クジラ」の中でサイミアを使うことは禁止されていましたから、サイミアに何か不安なところがあるんでしょう。“アパトイア”たちやオウニのサイミアの使い方を見ていると、それが争いに使われるから止めているように思われます。

実際に“帝国”を見ていると、「泥クジラ」の住人は、実験動物という感じですしね。ポイントは、感情の有無っぽいですから、感情についての実験でしょうか?

色々な謎と、そして哀しみを孕みながら次週へということで、次週からが楽しみですね。