lls2017101501ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #2「ネクストステップ」です。


タイトルはこれでいいんずらか?


『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、今までも感想書いていますし、昔ほどではないにせよ、スクフェスもやっていますから、まずは感想を書きます。

その『ラブライブ!サンシャイン!!』ですが、1期が始まるまではやっぱりAqoursよりμ'sだよなぁなんて思っていたのですが、見ていくとやはり面白かったです。アニメのストーリーや構成も、映像も、多分音楽も当初よりもランクアップしているので、当然といえば当然ですよね。


そして、ひとまずは、μ'sからAqoursへの切り替わりも成功したのかななんて思っていましたが、昨今のスクフェスの動きを見ていると、μ's復活もある感じでしょうか。今期のアニメに出てくるのかというと、ちょっと設定的に無理があるので、別次元っていう感じなんでしょうかね。


物語としては、『ラブライブ!サンシャイン!!』一期のラストで、浦の星女学院Aqoursのメンバーは『ラブライブ!』地区予選大会に向かったのですが、そこで勝ち抜くことができずに終わります。ただ、学校説明会への応募人数は“0”から“10”になったということで、希望をつなぐラストだったわけですね。

先週の第一話では、一期の続きからということで、浦の星女学院廃校の危機というのはそのままで、それどころか、それがさらに進んで、統廃校決定というところから始まりました。
「ラブライブ!」イベントの開催は決まっているんですが、その統廃校が引っかかってどうするかが決まらないAqoursがどうするかがメインだったと思います。
予想通り、ひとまず前に進もうとなって、今週ですか。

ということで、ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 第二話「雨の音」感想行きます。

今までの『ラブライブ!』シリーズは映画も含めて完走です。感想も書いています。μ'sとAqoursの曲は、ほぼ全て聞いています。スクフェスもやっている、ラブライバーです。

ちなみに、推しは桜内梨子ちゃんです。


あらすじ:公式から引用)できず。

100名の応募者を集めれば浦の星女学院の統廃校を再検討することになり、再びラブライブ!を目指すことになったAqoursでしたが、まだまだ課題が山積みです。

その課題である作曲、作詩、衣装作りなどが二年生たちに固まっていることから、その負荷を分担するために、一年生と三年生で、作詩をすることになりますが・・・。


lls2017101502感想:

ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期 #2「雨の音」です、ずら。


ひとまず、先週の統廃校問題は、今週の冒頭でいきなり当面の解決となりました。100名の応募者を集めればよいということになったようです。

それを受けて、今週は一年生チームと三年生チームが中心のお話しでした。
実は先週が二年生チームのキャラクター紹介だったというのに、いまさらながらに気付いたのですが、それを受けて今週は、一年生チームと三年生チームのキャラクター紹介という感じでした。

なかなかそれぞれのメンバーが活躍して面白かったですが、結構花丸ちゃんが目立っていた気がします。オチ担当っぽくなっていた気がするので。
特に「仏教ずら」は最高でした。爆笑です。
個人的には、梨子ちゃんの次に花丸ちゃん推しなので、ますます楽しかったです。梨子ちゃんのパラパラマンガも面白かったですし。

先週の第一話と今週の第二話で、一通りのメンバー再紹介が終わって、次週からいよいよ「ラブライブ!」に向かって本格的に活動開始でしょうか。

で、今頃気付いたのですが、エンディングの人物紹介的な構図は、毎週変わるんでしょうか。トップのキャプチャですが、先週は千歌ちゃんでしたが、今週は花丸ちゃんでした。毎週変わるだけでなく、その週で一番活躍したメンバーがそこに使われる感じですかね?