rc03Re:CREATORS #16 「すばらしい日々 “This is the actual beginning, isn’t it?"」です。

先週は世界水泳の影響で特番でしたが、今週は復活です。

この春のうちのブログでは、『Re:CREATORS』がアクセスが一番多かったです。ただ、全22話、2クールということで、後半戦2クール目を見てみたいです。

このアニメを見ようと思ったのは、完全にスタッフからです。あおきえい監督×広江礼威原作×澤野弘之劇伴のオリジナルアニメですからね。

あおきえい監督については、『喰霊-零-』から『空の境界』、『Fate/ZERO』、『アルドノア・ゼロ』とずっと追いかけてますね。あれそういえば、今回のタイトルには「0」が入ってませんね。今まで意識して入れているのかと思っていたけど、偶然だったのかな?
広江礼威さんは『BLACK LAGOON』の原作者の漫画家さんです。澤野弘之さんは、進撃やUCも含めて、もう説明の必要はないですね。

さて、前回の第十五話は、「エリミネーション・チャンバー・フェス」計画をすすめるメテオラちゃんたちという感じでした。準備はいよいよ大詰めっていう感じですが、新しいキャラクターが追加されそして颯太がその準備の作品作成メンバーに加わったって感じでしょうか。
ただ、アルタイルはどうやらその内容を知っていてということが気になります。

ということで、Re:CREATORS 第十六話 「すばらしい日々」感想行きます。
オリジナルアニメなので、情報はありません。

あらすじ:公式から引用
過酷なスケジュールで疲弊した創造主たち、作戦に向けて行動してきた被造物たちは、作戦開始を前に一時の休息を得る。

世界のため、自分の場所へ帰るため、過去に向き合うため、それぞれの思いを胸に、士気を高める一向。

そして始まる「エリミネーション・チャンバー・フェス」。セレジアたちは創造主たちが作り上げた鳥籠の中に入り、アルタイルを待ち受ける。

rc02感想:
Re:CREATORS 第16話 「すばらしい日々」です。

「すばらしい日々」というサブタイトルは、他にもありそうですが、恐らくはユニコーンの曲ですね。それがどう内容に繋がるのかは、毎度のことながらわかりませんが、サービス回ってことでしょうか(苦笑)。
英語のサブタイトルは「コレが実際の始まりです。そうでしょう?」って感じですか。直訳するとですが。

今週も、バトルはなかったのですが、かなり物語が動きました。非常におもしろかったです。
いよいよ、
「エリミネーション・チャンバー・フェス」か開始しました。
ただ、その前に温泉回でしたけれどね。(苦笑)大江戸温泉物語。

温泉回は置いておくとして、色々伏線がばら撒かれた回でした。
ひかゆちゃんのエピソードの組み込みとか。ただ、コレだけ大々的な
「エリミネーション・チャンバー・フェス」ですが、普通はバトルフィールドという認識でしょうから、そこにギャルゲーを組み込むのはなかなか難しいと思うのですが。
あと、駿河駿馬とブリッツ。前回ブリッツは、駿馬を殺しそうなことを言っていましたが、駿馬はそれを知ってかどうしたかですね。どうやら、会話からするとブリッツの能力を改悪する的な展開のようにも見えましたが。

もう一つが、
颯太ですね。恐らくは、アルタイルに押されてというところでの逆転の仕掛けになりそうな気がしますが。

ところで、アルタイルはすべてを知っているように見えましたが、逆にめっちんもそれを考慮しているように思うんですが、どうなんでしょうね。

そうして、始まった「エリミネーション・チャンバー・フェス」ですが、フォーゲルシュヴァリエがいよいよ登場しました。改変はそこだったんですかね?いやフォーゲルシュヴァリエは、元々セレジアの機体ですから、ファンが集って力が増したという感じですか。

次週が楽しみですが、次週は再び特番ですか?