nam01ナイツ&マジック 第4章 「Light & Shadow」です。

「ナイツ&マジック」は、どうやら原作はライトノベルらしいです。どうやらということで分かります通り、原作は読んでいません。なのに何でこのアニメを選んだのかというと、偶然です。

PVを見たときになんとなく面白そうと思ったのが見る切っ掛けなんですが、どこが面白そうかというと、単に作画がよさげで世界観が面白そうといういうことです。
アニメを担当しているのがエイトビットということで、自分とは実は作画では相性がよろしくないので、少し心配ではありますが、期待をしておりますです。

実際は、魔法とロボットという辺りがちょっと興味をそそっていたのですが、今まで見ると予想よりも面白いという気がしています。

先週の第三話は、シルエットナイトの改造がメインでした。
ただ、エルくんのいうことをどうして皆が素直に聞いて、改造が進んで行ったのかは、ちと釈然としなかったです。まぁ、あまり細かいところは気にするなということでしょうね。
それよりも、エルくんの色々なアイディアが受け入れられて、どんどんとシルエットナイトが改造されていくのが面白かったです。今週はどうなるんでしょうね。

ということで、ナイツ&マジック 第4話 「Light & Shadow」感想行きます。
原作は未読です。

あらすじ:公式から引用

新型シルエットナイト、テレスターレがいよいよ完成した。だが、エルの行動に懸念を抱いていたディクスゴードは、学園に朱兎騎士団を遣わせる。カザドシュ砦にテレスターレを搬送し、自ら性能を確かめようというのだ。


道中、魔獣シェイカーワームの襲撃に遭い、予期せず実戦を経験したテレスターレだったが、結果的に制式機カルダトアを凌駕する機体であることが判明。


報告を受けたディクスゴードは、直接エルへの尋問を開始する。


nam02感想:

ナイツ&マジック 第4章 「Light & Shadow」です。


先週のシルエットナイトの開発も面白かったですが、やはりある程度真剣バトルがあった方がということで、今週は新型を使ったバトルが行われました。

新型のバトルは、その能力を上手く使ったもので、それはある程度面白かったのですが、エルくんが生身で闘うところが、ちょっと違和感ですね。あれなら、シルエットナイトいらんやんって感じです。


ということで、このまま魔獣と学内競争などで進んでいくのかなと思っていたのですが、エルくんが過剰な武器を搭載していたところから、既にそれで収まるわけではないということがわかりました。

ということで、次週から世界を巻き込んだ問題が勃発するらしいです。

そこに、王様が絡んでくるんでしょうかね。


それよりも、先週のような明るいお話の方が、他のアニメと差別化できて面白いと思うんだけどナァ。