mia02メイドインアビス 第3話「出発」です。

さて、楽しみにしている「メイドインアビス」です。それというのも、今期で唯一の原作既読作品だからです。

原作は、つくしあきひとさんのファンタジー漫画です。ファンタジーといいますか伝奇物というかという感じもありますね。お話し的にどうかというのは、実はまだまだ終わりが見えていないのでまだまだわからないところがありますが、世界観といいますか設定は、文句なしに面白いです。

作画的にも原作の絵は特徴があって可愛いですが、実は内容的にはかなりグロイ部分もあるので、そこをどうするかがアニメ化のポイントになってくると思います。また、世界観がポイントになってくるので、そこをアニメでどう見せるのかが出来を左右しそうに思います。

先週の第二話では、原作と第一話の構成を変えた分、世界観の補填に使ったように感じました。
特に「アビスの呪い」とか笛とか、この先までキーになる情報が提示されました。その辺りの世界の謎が全体のお話しの軸になっていくと思います。
このアニメは、先にネタを知らない方が絶対に楽しめると思いますので、ネタバレに目を通さずにアニメを見る、もしくは、ネタバレが気になるなら知っかり原作を読んでおくことをお勧めします。

ということで、メイドインアビス 第3話「出発」感想行きます。

原作は既読です。既刊は5巻です。おそらく、そこまでがアニメだと予想しています。


あらすじ:公式から引用)

ライザが持っていたという封書に書かれていたのは「アビスの底で待つ」というメッセージだった。ライザから自分宛に送られた手紙だと確信したリコは、アビスの底を目指す旅に出たいと仲間たちに打ち明ける。
だが、二度と戻って来れなくなる旅になると忠告するナットと喧嘩になり・・・。

そんな中、レグは孤児院にやってきて初めての探窟に出かける事になった。
改めてアビスに潜ったレグだったが・・・。

mia01感想:

メイドインアビス 第3話「出発」です。


第二話も、なかなか素晴らしかったと思ったのですが、今週の第三話も良かったです。

全体としては、先週の「アビスの底で待つ」という言葉を受けて、リコちゃんがアビスの底を目指して出発するというだけのお話しでした。ただ、それだけなんですが、その間の孤児院の仲間たちの心の動きを丁寧に描いていて、非常に好印象でした。
これらが特別エンディングを使ってのラストの旅立ち部分に繋がっていて、非常に良かったです。

リコちゃんが何も考えずに旅立とうとしていると思いきやそんなことはなく、また周りのメンバーは彼女との別れを惜しみ、そしてレグはレグで自分の思う的な。

ポイントとしては、何が事実で何が事実でないかなので、ここの辺りの会話というかエピソードは抑えておいた方がよろしいかと思います。

それにしても、特別エンディングにかけての背景映像が素晴らしかったです。
音楽というか劇伴も凝っていて、それらが組み合わさって感動を見事に演出していました。

ということで、次週もたのしみです。