nam01ナイツ&マジック 第2章 「Hero & Beast」です。

「ナイツ&マジック」は、どうやら原作はライトノベルらしいです。どうやらということで分かります通り、原作は読んでいません。なのに何でこのアニメを選んだのかというと、偶然です。

PVを見たときになんとなく面白そうと思ったのが見る切っ掛けなんですが、どこが面白そうかというと、単に作画がよさげで世界観が面白そうといういうことです。
アニメを担当しているのがエイトビットということで、自分とは実は作画では相性がよろしくないので、少し心配ではありますが、期待をしておりますです。

まぁ、魔法とロボットという辺りがちょっと興味をそそっているので、その辺りに期待ですかね。

先週の第一話では、主人公が交通事故に遭い、エルネスティとして別世界に転生するところから始まりました。話し的には、ロボットオタクだった主人公は、魔法が存在する異世界で、ロボットであるシルエットナイトに騎乗することを目指すということのようです。
そのシルエットナイトが単なるロボットではなく、魔法を使ったりとなかなか面白かったです

ということで、ナイツ&マジック 第2話 「Hero & Beast」感想行きます。
原作は未読です。

あらすじ:公式から引用

夜間演習中に魔獣の襲撃を受けた生徒たちだったが、エルの機転で危機を脱した。だがエルは、魔獣の様子に疑念を抱く。魔獣はまるで何かを恐れて逃げているかのようだった。


エルの予感は的中し、やがて強大な魔獣ベヘモスが現れる。ベヘモスのような師団級魔獣の出現は300年ぶり、建国以来初。ヤントゥネン騎士団を総動員しても、打ち倒すことは難しいという。


生徒たちが脱出を開始する中で、エルは想像を超えた作戦を開始する。


nam02感想:

ナイツ&マジック 第2章 「Hero & Beast」です。


先週もほどほどに面白かったですが、今週は先週よりもかなり面白かったです。主人公のチートっぷりはいいとして、周りのモブ的な大人たちがしっかりとナイトをしていて、いい感じだったのが良かったですね。

これで雰囲気がしっかりと作られていて、感情移入がしやすくなっていたと思います。


敵の亀くんが強かったのも良かったですね。破壊的に強いというよりも、ひとまずしっかりと設定があって、その設定によって強くなっているのがいいですよね。で、その敵を打ち破るのに、理論の裏付けがあるのがまた燃える要素になったりします。


ところで、主人公のチートさというのは、元々プログラマーだったということから来ているようですが、あのプログラムの改変というのは何をしているのでしょうね。どうやらコンバートのようですが、それで性能が上がるというのは、プログラムをコンパイルしてアッセンブルしてしまって、スクリプトをインタプリタ通さずにって感じなんでしょうか?

まぁあまり気にしても仕方ないですが、なかなか面白かったです。


ということで、ひとまず敵を倒したのですが、ここからどうお話しが転がるのが楽しみにしたいと思います。