lwa04リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」です。


この『リトルウィッチアカデミア』はどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。


このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。


このアニメは冬から始まりましたが、2クールのアニメということで、そのまま春クールに突入しました。


先週の第二十二話は、クロワ先生の悪巧みが最終局面を迎える中でのエピソードとなりました。どうやら、シャイニイロッドが言の葉を集めた効果と同じことを、怒りの感情を集めて魔力に変えることで再現させようとしているように思えます。
そして、シャリオが自分の魔力を奪ったという事実を知ってショックを受けたアッコちゃんがどうするかが今週でしょうか?


では、リトルウィッチアカデミア 第二十三話「Yesterday」感想行きます。

劇場版の2作は見ていません。


あらすじ:公式から引用

ずっと近くに居て見守ってくれたアーシュラ。その正体はアッコが幼い頃から憧れていたシャイニィシャリオだった!

シャリオ本人の口から聞かされた事実にショックをうけアッコはその場から走り去ってしまう。ロッテとスーシィはルーナノヴァに戻らないアッコを心配しダイアナやアマンダ達とブライトンベリー中を探し回る。

一方、アーシュラはクロワを止めるために新月の塔へと向かっていた。


lwa01感想:

ということで、リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」です。


今週は、落ち込んだアッコちゃんを救おうと友達みんなが動く様子が描かれました。その中心にいるのがダイアナでした。

ダイアナは、物語り当初からアッコちゃんとなんだか噛み合わないというか、少しぶつかる様子がありましたが、その理由も含めて描かれました。
もちろん、ダイアナがカードを持っていたことが分かっていたので、ダイアナの気持ちは分かっていましたし、ダイアナが良い子であることも分かっていましたから、意外な展開ではありませんでした。
それでも、なかなか感動的なお話しでしたね。

ダイアナとアッコちゃんは、同じ夢をみていた仲間だったということが分かりましたが、それはそのままクロワ先生とアーシュラ先生の関係にもなります。ただ、ダイアナがクロワ先生と違っていたのは、彼女がシャリオに憧れていたからでしょうね。皆を魔法の力で幸せにしたいという。

一方、アーシュラ先生といいますか、シャリオはアッコちゃんたちを巻き込むことなく、自分で今回の騒ぎを解決しようとしている様子が描かれました。
どうしてアーシュラ先生は周りに相談して解決しないのかという疑問が今まであったわけですが、それは、クロワ先生の行動は、自分が引き起こしたと考えているからのようですね。元々二人は親友だったようですし。

ということですが、今週はかなり絵が動かない回でした。先週がすごかったので余計にそう見えるのかもしれませんが、そろそろ終盤ということで作画スタッフを次週以降に余裕を持たせたかったのかもしれません。
ただ、それでいながら楽しめたのは、全体のエピソードの構成がしっかりと作られていたからでしょうね。見せ方が上手いというか。

ということで、次週も楽しみにしたいと思います。