ny1夏目友人帳 陸 第六話「西村と北本です。


『夏目友人帳』は、今までも変則2クールずつで来ていたので、こま前の『夏目友人帳 伍』のときから、この6は来ると思っていました。まぁ、『夏目友人帳 伍』の最終回で6期の告知がありましたが。


『夏目友人帳』はざっくりいうと、普通の人には見えるはずのない妖怪(あやかし)が見えてしまう夏目 貴志。そんな彼は見えてしまうがために、関わり合う人々から疎まれていた。そんな彼が、祖母である夏目レイコの遺品「友人帳」を巡って、妖怪のニャンコ先生と知り合い、また学校の仲間と友達関係を築くうちに、心を開いていく様子を描くものです。


まぁ、アニメは、ずっと感想を書いているので、興味がある方はカテゴリを遡っていただけるとよろしいかと。まぁ、大したことは書いていませんし、LaLa特典のやつとか感想書いていないのもありますが。

先週の第五話は、第四話の続きのお話しでした。祓い屋の引退後の話ですね。
元祓い屋のタクマと式との関係を描くもので、切なく悲しいお話しでした。
もう一つポイントとして、名取が夏目の友人帳のことを知ってしまったというものがありました。ただ、それがどういう意味を持つのかは、まだわからないですね。

ということで、夏目友人帳 陸 第6話 「西村と北本」感想行きます。

原作は既読です。最新刊は第21巻です。多分、アニメ放映中に22巻が出るでしょう。


あらすじ:公式から引用)

西村と北本は、高校に進学したばかりの頃のことを思い出していた。2人は、転校してきたばかりの夏目に対して、笑顔をいつも返してくるものの、どこか距離があると感じていた。

そんなある日、西村は公園で倒れている夏目を見つける。そんな状況でも遠慮する夏目だったが、心配した西村は自宅へと連れて行く。

ny2感想:

夏目友人帳 陸 第六話「西村と北本」です。


今週はちょっと戻って原作の13巻のお話しです。
Aパートが特別編10話「西村と夏目」で、Bパートが特別編11話「北本と夏目」ですね。セットのお話しになります。

内容としては、特に何があるというわけでもなくて、夏目が転校してきて、西村や北本とどう仲良くなったのかが語られるだけという感じでした。そういう意味では、あまり書くこともないんですが、特にAパートの西村の方のお話しが良かったと思いました。

西村は妖しに取り憑かれたのですが、お兄さんは勉強に取り憑かれていた感じで、実は良い人だったというのはありそうではありましたが、それでも少し感動しました。

北本の方のお話しは、内面にあまり踏み込むことがなかったので、それほど感動することはなかったですが、こちらは、夏目が結構イケメンの絵で描かれていました。

ということで、元々特別編なのでそんなに深くないお話しではありますが、