ny1夏目友人帳 陸 第二話「明日咲く」です。


『夏目友人帳』は、今までも変則2クールずつで来ていたので、こま前の『夏目友人帳 伍』のときから、この6は来ると思っていました。まぁ、『夏目友人帳 伍』の最終回で6期の告知がありましたが。


『夏目友人帳』はざっくりいうと、普通の人には見えるはずのない妖怪(あやかし)が見えてしまう夏目 貴志。そんな彼は見えてしまうがために、関わり合う人々から疎まれていた。そんな彼が、祖母である夏目レイコの遺品「友人帳」を巡って、妖怪のニャンコ先生と知り合い、また学校の仲間と友達関係を築くうちに、心を開いていく様子を描くものです。


まぁ、アニメは、ずっと感想を書いているので、興味がある方はカテゴリを遡っていただけるとよろしいかと。まぁ、大したことは書いていませんし、LaLa特典のやつとか感想書いていないのもありますが。

先週の第一話は、夏目自身の事件をニャンコ先生が中心になって解決していくというものでした。
まぁ、『夏目友人帳 伍』の時ほどではないですが、夏目とニャンコ先生の友情にちょっと泣けてきました。

ということで、夏目友人帳 陸 第2話 「明日咲く」感想行きます。

原作は既読です。最新刊は第21巻です。多分、アニメ放映中に22巻が出るでしょう。


あらすじ:公式から引用)

買い物から帰る途中、夏目は大岩に浮き出たきれいな花の模様に気付くが、どうやら一緒に居る塔子には見えていない様子。

その後、西村・北本と釣りをした際にも河原で模様のある石を発見した夏目は、妖怪の仕業かと警戒するが、犬の会によると不浄になった石や岩を清める妖怪・石洗いによるものだという。

そんな夏目の前に石洗いの「ナナマキ」が現れ、行方知れずの弟子を探してほしいと頼むのだった。

ny2感想:

夏目友人帳 陸 第二話「明日咲く」です。


今週も手元に原作がない環境なので少しあやしいですが、恐らく原作の19巻に掲載されている「明日咲くの章」ですね。先週の20巻から逆に戻っている感じですか。なんだか、時系列に並ばなくなったのは、どうしてでしょう。

エピソードとしては、夏目が妖と出会って、その妖のために頑張るという、いつもの展開でした。師弟愛という形での優しい風景がよかったですが、この話はなんだか原作の方が感動したような。どこかが悪かったということでもないんですが。最近は、原作よりもアニメ方が感動することが多かったんですけれどね。
特に、『夏目友人帳 伍』のときは、作画が致命的だった回を除けば、ずっと泣けていましたし。

まぁ、そうは言いながらも、師弟愛のシーンは、すごく良かったです。泣けてこなかったというだけです。

しかし、なんだか最近の夏目は、なんだか名前を返すことがなくなりましたね。