rw01Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編 第話「再会です。

夏アニメの中でうちのブログでアクセストップだった『Rewrite』です。 冬でもほぼトップアクセスです。トラックバックの数とリンクしないのが面白いですね。
Keyの作品なのでゲームが、ベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。ということで、二期も一応感想を書こうかと。


ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。


1stシーズンでは、篝ちゃん以外は全滅という最終回でした。篝ちゃんは審判者らしいということらしいのですが、それでも繰り返しの理由にはならないので、並行世界的なのでしょうか。

ただ、いただいた情報ですと、この1stシーズンは、全体のプロローグらしいので、二期でこれらを伏線として、物語りをどうするのかがポイントになってくるのでしょうか。


先週の2ndシーズン第六話といいますか、第20話は、瑚太朗が傭兵生活を行うという2ndシーズンの第1話に戻ってきました。

その傭兵生活を過ごして成長した瑚太朗が、自らの停滞した生活をやめて、前に進むようになることが描かれたように思います。

ということで、Rewrite 第二十一話 「再会」感想行きます。

ゲームはやっていません。


あらすじ:公式から引用

日本に呼び戻され鍵である篝と接触した瑚太朗は、良い記憶を探し星を救うため篝に協力することを決める。


rw03感想:

Rewrite -リライト- 第21話「再会」です。


今週は、瑚太朗が日本に戻ってきました。
日本に戻ってきてまずやることは、地球の破滅を防ぐこと。そのために鍵である篝を守ること。

そうするためには、哀しみの記憶ではなく、篝ちゃんに良い記憶を与える必要があるということのようですが、哀しみの記憶の伝搬を防ぐために、ガイアとガーディアンの争いを納めようとするようです。
瑚太朗は、ガーディアン側には入り込めているということで、ガイアへの進入を図るというようです。気になったのは、一度マーテル会に参加していた瑚太朗が普通に参加できるのかということです。両親もマーテル会でしたが。

それにしても、篝ちゃんが選んだルートが自動選択されているわけですが、それならば見ている方は何も気にせずに地球の破滅が防がれることを見ていればいいんですよね。そして、その結果を見るためには篝ちゃんに良い記憶を与えられることになるわけですから、なおさら安心して見ていればいいのでしょうか。
いや、瑚太朗と篝ちゃんが結ばれるとは限らないのか。

そして、ポイントは小鳥ちゃんになるんですかね。瑚太朗と篝ちゃんに絡んできましたが。