lwa01リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ」です。


なんだか、うちのブログでは、先週このアニメのアクセスが一番多かったです。


この『リトルウィッチアカデミア』はどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。


このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。


噂では2クールということのようですが、最後まで見れるかどうかが気になるということで最近は2クール作品の感想を避けていたのですが、これは書いてみたいと思います。


先週の第七話は、ポラリスの泉の一件で心を入れ換えようとしたアッコちゃんが空回りする展開でした。

試験でもなかなか基礎魔法も使えないアッコちゃんがどうにかして試験に合格しようとして、という展開ですか。結局努力は実を結んで、徐々にですが、魔法が使えるようにはなっているということですね。


では、リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ」感想行きます。

劇場版の2作は見ていません。


あらすじ:公式から引用

怪しげな実験薬を完成させたスーシィは、それを自ら飲んで深い眠りに落ちてしまう。翌朝、アッコとロッテが起こそうとするも目を覚まさず、キノコで覆われても一向に起きる気配のないスーシィに、ロッテは魔女特有の病「眠れる森の魔女」を思い出す。

アッコはスーシィを起こすためにロッテの助けでスーシィの夢の世界に入ることに…。アッコは無事スーシィを目覚めさせることができるのか!?

lwa02感想:

ということで、リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ」です。


このサブタイトル、ちょっと意味深ですね。まぁ、深くは考えずに、「眠れる森の・・・」のパロディと考えるのが正しいンでしょうけれど。


今週は、あらすじに書かれている通り、スーシィちゃんが実験薬を作って、それを飲んでという展開でした。ただ、内容はほとんどなくって、いわゆるスラップスティック・コメディですね。おまけに、ラストの落とし方が徹底的なB級ホラーパターンだったのが面白かったです。


見る限り、今週の内容にほとんど意味がなく、ドタバタの動きを見せたいだけっていう感じですね。確かに動きは面白いんですが、余計なパロディとかも入っていてどうかなぁという感じもしました。多分、コンテが今石洋之さんということもあって絶賛されそうな気もするんですが、自分的にはちょっとどうかなぁという気もしています。
原画も多くて、全体のバランスがちょっと悪い気がするし、空っぽの最後のベッド映したシーンも長すぎるので、コンテ間に合ってなかったんじゃないかなという気がしてます。

もう少し、本編に関係がありそうなお話しならまた別だったんですけどね。

次週は、また本編に戻ってくるのかな?