kmd04小林さんちのメイドラゴン 第6話「お宅訪問! (してないお宅もあります)」です。


『小林さんちのメイドラゴン』第六話です。このアニメを選択した理由は単純で、京都アニメーションだからですね。


つらつらと考えると、なんとなくですが、京都アニメーションだと結構感想を書いている気がしますです。あ、「日常」とか書いてないか。あとは、曜日が一番書きやすい水曜日放映だったことですか。楽に見て楽に書けそうなアニメだからですね。雰囲気的には、ギャグアニメらしいですし。


先週の第五話は、先々週のカンナちゃん回からトールちゃん回に戻ってきました。ただ、日常コメディというよりも、どちらもちょっといい話しという感じでした。このアニメは、雰囲気的に、こういうホンワカ系のお話しが得意なのかも。


今週は、お宅訪問なので、ファフニールさんなのかな?


ということで、小林さんちのメイドラゴン 第六話「お宅訪問! (してないお宅もあります)」感想行きます。

原作は1巻読みました。


あらすじ:公式から引用

才川から家に誘われたカンナ。才川家にもメイドがいるとのことで、小林さんとトールも一緒に招かれる。出迎えてくれた本格的なメイドのジョージーに、小林さんは興奮状態。意気投合しメイド談義に花を咲かせる。

さらに今度はルコアまでもがこっちの世界に住むことになったと言いだす。魔法使いの家系である翔太君に召喚されたのだそうだ。ルコアは翔太君と仲良くなろうとスキンシップを図るが、それがあまりにも過激で――。


kmd03感想:

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第6話「お宅訪問! (してないお宅もあります)」です。


今週第六話は、サブタイトル通りに色々なお宅を訪問するというものでした。


最初は、才川リコちゃんのお家を皆で訪問するというもの。メインはジョージーちゃんだったわけですが、実際にはカンナちゃんがリコちゃんと仲良くするという展開だったと思います。いや、あれいいのか?(苦笑)というか、実際には、カンナちゃんなんて言ったんでしょうね。
まぁ、ジョージーちゃんの声ががゴトゥーザ様なのは、メイド繋がりですかね。

そして、次がルコアさん。というか、ルコアさんどうやら人間の世界に住むことになったようで。それが魔法使いの少年の家で、どうやら悪魔と勘違いされているというもの。ということで勘違いを解くために、小林さんたちがお宅訪問するというもの。
ルコアさんが元神だということが分かりますが、夢魔(サキュパス)と勘違いされて、というか普通にそう見えるよね。

次がファフニールさんのお宅訪問。ファフニールさんと滝谷さんとの様子が描写されますが、なかなかいい感じです。ほっこりしました。

そして、小林さんちとトールちゃんとカンナちゃん。すっかり仲良し家族ですね。
いい雰囲気で、今週も楽しかったです。

で、次週はてこ入れ回ですか。てこ入れの必要感じないんですけれどね(笑)