rw01Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編 第5話「超人の資質です。

夏アニメの中でうちのブログでアクセストップだった『Rewrite』です。 Keyの作品なのでゲームが、ベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。ということで、二期も一応感想を書こうかと。
実は、今のところこの冬でもアクセスは一番だったりします。人気ありますね。


ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。


1stシーズンでは、篝ちゃん以外は全滅という最終回でした。篝ちゃんは審判者らしいということらしいのですが、それでも繰り返しの理由にはならないので、並行世界的なのでしょうか。

ただ、いただいた情報ですと、この1stシーズンは、全体のプロローグらしいので、二期でこれらを伏線として、物語りをどうするのかがポイントになってくるのでしょうか。


先週の2ndシーズン第四話といいますか、第17話からTera編の開始でした。瑚太朗が眠っていたために過ごさなかった10年を生きるという感じに思えますがどうでしょうか。

先週のポイントは、瑚太朗が当初はマーテル会よりだったのが、江坂さんに出会って感銘を受けたということでしょうか。


ということで、Rewrite 第十八話 「超人の資質」感想行きます。

ゲームはやっていません。


あらすじ:公式から引用

マーテル会を抜けることを決めた瑚太朗は両親の反対にあい、家を出て江坂の元に向かうのだが・・・。


rw02感想:

Rewrite -リライト- 第18話「超人の資質」です。


今週は、先週江坂と出会った瑚太朗が、マーテル会のトップともいえる加島桜と出会ったのですが、今後のポイントになるんでしょうか。

そこを前振りに今週は、瑚太朗が江坂の元を訪れてガーディアンに参加する流れでした。魔物を討ち人類を存続させようとするガーディアンに超人として参加するわけですが、どうやら瑚太朗は、血液操作をする超人ということのようです。

瑚太朗がガーディアンに参加して、訓練を受ける様子がその後描き続けられるわけですが、ちょっとどういう展開になるのか予想がつかないです。今のオープニングと今週だけを切り取ると、なんだか別のアニメに見えるのですが、どこまでこの展開が続くのでしょうか。

ただ、瑚太朗が何かを選択するときに頭に浮かぶ選択肢たち。あれは、ゲームを模したものなのか、今後の瑚太朗の能力とか篝の理論とかに関係するものなのかは、まだ分かりませんが、何かポイントになりそうな気がします。

個人的には、今週はちょっと中だるみというかそういう感じでした。

あ、そういえば、あの指切りは何か意味があるのかなぁ?