kmd01小林さんちのメイドラゴン 第5話「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」です。


『小林さんちのメイドラゴン』第五話です。このアニメを選択した理由は単純で、京都アニメーションだからですね。


つらつらと考えると、なんとなくですが、京都アニメーションだと結構感想を書いている気がしますです。あ、「日常」とか書いてないか。あとは、曜日が一番書きやすい水曜日放映だったことですか。楽に見て楽に書けそうなアニメだからですね。雰囲気的には、ギャグアニメらしいですし。


先週の第四話は、カンナちゃん可愛い~回でした。カンナちゃんが小学校に通いたくて、小林さんたちが奔走する回でした。いや、カンナちゃんが小学校に通い始めて、お友達を作ったり楽しく過ごすという回でした。


登場人物の描写が一人を残して一通り終わり、楽しい日常を描写するという感じでしょうか。


ということで、小林さんちのメイドラゴン 第五話「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」感想行きます。

原作は読んでいません。


あらすじ:公式から引用

ようやく板についてきたメイドのお仕事。トールはふと小林さんの仕事場が気になり、会社見学に赴いた。

そこでは皆に頼られる立派な小林さんがいて、改めて小林さんに惚れる。だがそこには小林さんに嫌がらせをする上司もいて、トールは激しい怒りを覚える……。

街ではあちらの世界にいるはずのファフニールと偶然出会う。自分もこちらの世界に住むと言うファフニールのために、トールは一緒に住まいを探すことに――!?


kmd02感想:

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第5話「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」です。


今週第五話は、先週のカンナちゃん回からトールちゃん回に戻ってきました。ただ、日常コメディというよりも、どちらもちょっといい話しという感じだったかも。雰囲気的に、こういうホンワカ系のお話しが得意なアニメなのかもという気がしてきました。


とはいえ、リコちゃん部分は、ちょっとあまりにもという感じなギャグパートでしたが。やりすぎでは。(汗)

さて、今週は3パート構成でした。
Aパートは、トールちゃんが小林さんの会社に行くお話しですが、小林さんはコメディ要員ではないので、彼女を巡るお話しでは、なかなかコメディ色は強くならないですよね。
Bパートは、ファフニールさんが人間社会にやってくるお話し。先週どうやってカンナちゃんが小学校に入ったのかが分かった気がしました。
Cパートは、一番のギャグパートかと思いきや、一番ジーンとくるお話しでした。トールちゃんが超能力獲得に奔走する理由が、明確に示されないのが逆にいいお話しにしていました。いいな、これ。

ということで、今週も楽しく見れましたが、次週ファフニールさんなんかやってますね。(苦笑)

しかし、今週も本当に無駄に良く動くなぁ。