rw02Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編 第4話「地球救済ハンターです。

夏アニメの中でうちのブログでアクセストップだった『Rewrite』です。 Keyの作品なのでゲームが、ベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。ということで、二期も一応感想を書こうかと。
実は、今のところこの冬でもアクセスは一番だったりします。人気ありますね。


ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。


1stシーズンでは、篝ちゃん以外は全滅という最終回でした。篝ちゃんは審判者らしいということらしいのですが、それでも繰り返しの理由にはならないので、並行世界的なのでしょうか。

ただ、いただいた情報ですと、この1stシーズンは、全体のプロローグらしいので、二期でこれらを伏線として、物語りをどうするのかがポイントになってくるのでしょうか。


先週の2ndシーズン第三話といいますか、第16話は、Moon編のラストでした。篝ちゃんはアニメの一期で滅びた地球の破滅を回避するための理論構築のために、月でシミュレーションを一人でやっていたようでした。

そして、その理論は瑚太朗の力添えもあって結実し、アウロラとして地球に送られました。


これから地球が再生し、再び世界を再現するのでしょうか。


ということで、Rewrite 第十七話 「地球救済ハンター」感想行きます。

ゲームはやっていません。


あらすじ:公式から引用

中学生時代。日常に退屈していた瑚太朗は、UMA退治に夢中になっていた。そんな中、魔物に襲われあぶないところをある人物に助けられる。


rw03感想:

Rewrite -リライト- 第17話「地球救済ハンター」です。


どうやらここからがTera編のようですね。

篝ちゃんの理論から精製されたアウロラによって復活した地球での物語りなのでしょうか。内容的には、瑚太朗が眠っていたために過ごさなかった10年を生きるという感じに見えるので、過去と言ってもいいような感じではありますが。違うのかな?

ただ、そうするとシミュレーションとあまり変わりはないですね。なので、まだ何かあるんでしょうけれど。


お話しは、今の瑚太朗が紛争地域で争う様子から始まりました。なんの紛争かは、まったく示されませんでしたが、恐らくそこにはギミックがあるのかな?と思っています。そして、そのまま新オープニングに。なんだか、何のアニメだ~って感じですが、ここいらも恐らく仕掛けなんでしょうね。

想像すると、以前のカーディガンとガイアの紛争がそのまま繰り返されているという感じでしょうか。

そして、子供の状態のオカ研メンバーが登場しますが、これが単回のものなのか、このまま継続して登場するのかはこれからですね。

今週だけだと、まだよく分かりませんが、Rewriteだと考えなければ面白かったかもと思います。Rewriteとしては、まだ様子見ですね。