lwa01リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」です。


この『リトルウィッチアカデミア』はどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。


このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。


噂では2クールということのようですが、最後まで見れるかどうかが気になるということで、最近は2クール作品の感想を避けていたのですが、これは書いてみたいと思います。


先週の第二話では、カガリ・アツコちゃんが魔法学校で勉強をはじめました。そしてアツコちゃんだけでなく、もう一人アーシュラ先生についてスポットをあてたような内容になっていました。


内容的には、第一話を引き継いだ形で、アツコちゃんがピンチに陥ったときにシャイニィロッドが発動しました。それが彼女の能力なのか、それともロッドの力なのかなどまだ分かりませんが。


では、リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」感想行きます。

劇場版の2作は見ていません。


あらすじ:公式から引用

基礎魔法すら出来ないアッコの指導役を買って出たアーシュラ先生から、アッコは自分専用ホウキを受け取る。これで空を飛ぶことができることを喜ぶが、ホウキはピクリとも反応しない。

そんな中開催される伝統の「ルーナノヴァ杯ホウキリレー」。三人一組でバトンをつなぎ勝者を決める。その歴代優勝者の写真の中にシャリオの姿を見つけたアッコは、二人に言わず勝手にホウキリレーへの参加を決めてしまう。

リレーには優勝候補筆頭のダイアナ、飛行魔法に自信があるアマンダなどライバルがたくさん出場するが、アッコたちはホウキリレーで優勝できるのか!?

lwa02感想:

ということで、リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」です。


今週はロッドの力についてではなく、魔法のホウキについてが中心になっていました。今までは、アツコちゃんがピンチに陥ったときにシャイニィロッドの力を開放できたのですが、今回は最後まで魔法の力でホウキに乗ることは叶いませんでした。それがなにか意味があるのかは分かりませんが、ひょっとするとあつこは、シャイニィロッドでないと魔法が使えないのかと思いましたが、火をつける魔法使ってましたね。


シャイニィロッドの元の持ち主であるシャイニィシャリオが今どうしているのかは分かりませんが、アーシュラ先生があやしいのは今週も強調されていました。ホウキリレーでも優勝していたので、優れた魔法使いだったのかもしれませんが、熱意だけという言葉からすると、リレーで優勝したときは熱意でどうにかしたのかもしれません。


アニメは、今週もぐりぐり動いていました。今週の絵コンテが摩砂雪さんだったので、余計に意識したのかもしれませんが、いままでよりも動きは面白かったように思えました。そして、エンディングについても、絵がちょっと変わっていました。毎週本編の内容に合わせて変えていくんでしょうか。


楽しみですね。