Kmd01

小林さんちのメイドラゴン 第2話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」です。

『小林さんちのメイドラゴン』第二話です。このアニメを選択した理由は単純で、京都アニメーションだからですね。

つらつらと考えると、なんとなくですが、京都アニメーションだと結構感想を書いている気がしますです。あ、「日常」とか書いてないか。あとは、曜日が一番書きやすい水曜日放映だったことですか。楽に見て楽に書けそうなアニメだからですね。雰囲気的には、ギャグアニメらしいですし。

先週の第一話は、酔った勢いでドラゴンを助けた小林さんが、その恩返しにやってきたドラゴンであるトールを自宅に住まわせるようになったことが描かれました。基本は日常を描くコメディっぽいですね。

作画も京アニらしく良かった感じで楽しめそうです。

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第二話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」感想行きます。

原作は読んでいません。

あらすじ:公式から引用

小林さんとトールの共同生活が馴染んできたころ。トールと一緒にお買い物へと出かける小林さん。トールが商店街の人たちと仲良くしているのを目の当たりにし、トールのコミュ力の高さに驚く。

でも当の本人は「なんか適当に愛想よくしただけ」とブラック発言。未だ人間の感情は理解していないご様子。

そんなある休日、小林さんが一人家にいると尋ね人が。扉を開けるとそこにいたのは、角と尻尾を携えた幼女だった――!?

Kmd02

感想:

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第2話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」です。

第二話になって、すっかりトールさんは、人間の世界に馴染んでいますね。第一話ではあれだけ苦労していたのに。まぁ、そこがクリアされたから、今週のもろもろのネタがあったわけですね。

それにしても、カンナちゃんどれぐらいの電力を喰うんでしょうね。あの攻撃出力エネルギーを充電すると、すごく電力必要そうですけれど。電気代馬鹿にならないですね。その電気を使って(?)のバトルなかなか面白かったですね。無駄に作画がすごかったですし。いや、無駄にというより、京アニらしくでしょうか。

ところで、カンナちゃん途中から角がなくなりましたけど、どうしてなんでしょうか。外出するときに角を隠せるという感じでしょうか。角がある方が可愛い感じがするけどね。

さて、今週からエンディングが付きました。ちびキャラがなかなか可愛かったですね。歌は、やっぱりオープニングのfhánaの方がいいですが。

次週は、もう一人キャラが増えるようですね。

http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-3476.html