Wx01

Lostorage incited WIXOSS 11「二人/すず子と千夏」です。

『Lostorage incited WIXOSS』ですが、前のシリーズの『selector infected WIXOSS』、『selector spread WIXOSS』はかなり好きで、映画版まで見て感想も書いていました。

『selector infected WIXOSS』シリーズの感想はここ

劇場版『selector destructed WIXOSS』の感想はここ

ということで、今回の『Lostorage incited WIXOSS』のシリーズも感想を書こうと思っているわけですが、前回の『selector WIXOSS』シリーズのシリーズ構成をしていた岡田麿里さんが抜けたこと、キャラクターデザインが自分の大好きな坂井久太(坂井久美子)さんでなくなったことが気になっています。

先週の第10話では、大きくは白井くんが敗れていく様子と、ブックメーカーと水嶋清衣とのバトルが描かれました。

ただ、水嶋清衣ちゃんとブックメーカーとの闘いは拍子抜けだった気も。あれだけ前振りしておきながら、結局このまま終わるのでしたら何の意味もなく、何のために登場させたのかって感じですね。

そしてメインは、白井くんが負けて中身が入れ代わるところですね。正確にいうと白井くんがまけて入れ代わったことを千夏ちゃんが知ることですね。

では、Lostorage incited WIXOSS 第十一話「二人/すず子と千夏」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)引用できず

コインを失ったことでルリグ「ドーナ」と入れ代わった白井翔平。そんな彼を見た森川千夏は、改めてバトルすることの意味を見失い始める。

そんな彼女にブックメーカーは、穂村すず子との決着をつけるようにけしかける。

Wx03

感想:

ということで、『Lostorage incited WIXOSS』 第11話「二人/すず子と千夏」です。

今週は、すず子ちゃんと千夏ちゃんの最終バトルという感じですね。本当に最終かどうかはわかりませんが。こうなるとすず子ちゃんと千夏ちゃんとのダブル主人公というよりも、すず子ちゃんが主人公という感じですね。でも、物語的にはすず子ちゃんには、あまり葛藤に悩むシーンがなかった気がしますが。

それにしても、先週も書きましたが、バトルに負けるとルリグがセレクターと入れ替わるというのは、前のシリーズと全然噛み合ってませんよね。前のシリーズではルリグへの勝利の報酬が、人間になることだったのですが、今回は負けたことでの罰がそれになっています。ということならば、ルリグにわざと負けろと言っているんでしょうか?

セレクターの罰にしか意識が行っていないのでこういう設定になってしまったのでは、などと考えてしまいますが、これをひっくり返すような事実が出てくるんでしょうか。

考えられるとすれば、ルリグという存在が全く無から生まれたもので、セレクターとの循環がないということでしょう。負けたセレクターは消えてしまう。ルリグはルリグでいたいのだが、人間になってしまうという罰で動いているという考え方ですね。そして、ルリグはセレクターの勝利だけを願う純粋な存在というわけですね。

どちらにしても、先週の水嶋清衣ちゃんというかピルルクちゃんの設定と全然噛み合ってませんけれど。

ということで、コインの数からすると、すず子ちゃんはブックメーカーに勝利すると、コインが5個そろうことになりますね。せっかくお父さんとの時間が持てそうなのに。