Hy201

響け!ユーフォニアム2 第11回「はつこいトランペット」です。

『響け!ユーフォニアム』の二期、『響け!ユーフォニアム2』です。原作の小説で行きますと、前の『響け!ユーフォニアム』の第一巻でした。この『響け!ユーフォニアム2』は原作の第2巻から始まりましたが、すでに3巻も後半ですね。第一話冒頭の回想シーンは、そういう意味ですね。

この『響け!ユーフォニアム』は、高校の吹奏楽部を舞台にした部活ドラマです。スポ根アニメの文化部版だと考えていただければよろしいかと。実際の吹奏楽部も体育会系文化部といわれる部活でありますので、まさにその通りかと。実際、以前から書いていますけれど、うちはリアルタイムで大阪の高校吹奏楽部家族でしたので、特にこのアニメに思い入れがあったりします。かなりリアルな部活描写であるあるでしたので、二期も楽しんでいます。

先週の第十話は、お姉ちゃんエピソードとあすか先輩エピソードの完結編という感じでした。というか冒頭がお姉ちゃんエピソードで、後半があすか先輩で、その冒頭のお姉ちゃんエピソードはあすか先輩エピソードの伏線だったような感じです。

とりあえず先週で、あすか先輩の問題もお姉ちゃんの問題も一段落で全国大会かと思いきや、もう一つ問題が残っていたのですね。

ということで、響け!ユーフォニアム 第十一話「はつこいトランペット」感想行きます。

9月に出た最新5巻はファン本で、解説+短編2本でした。また、立華高校に進んだ佐々木梓ちゃんを描いた番外編『立華高校マーチングバンドへようこそ』の前後編も既読です。なるべく、ネタバレはしないつもりで頑張ります。

あらすじ:公式から引用

あすかも無事に復帰し、ひと安心な久美子。
あとは全国大会に向けて練習するのみのはず……だったが、なぜか麗奈は久美子を避けるようになって!?
困惑する久美子を麗奈は夜の大吉山に連れ出す。

Hy203

感想:

響け!ユーフォニアム2 第十一回「はつこいトランペット」です。

原作では、第3巻にあたる部分のお話しになります。

今週は、シリーズで残った課題の一つ麗奈ちゃんと滝先生との関係といいますか、滝先生の奥さんの事実についてですか。まぁ、奥さんのことは視聴者の皆さんは、久美子ちゃん同様知っていたわけですから、まぁ麗奈ちゃんがその事実を知るということですね。

まぁ、エピソードとしては、特に大きなものはなく、麗奈ちゃんが滝先生の奥さんの事実を知って自分のもやもやを解決するという内容でした。いや解決したのかどうかはあやしいですが、表面的にだけでも麗奈ちゃんの心に変化が見えたという感じですね。

麗奈ちゃんの初恋シーンが出てきたわけですが、それがあんな場面だったとは。いや、本当に恋に落ちたのがどのタイミングかは分かりませんが。

しかし、相変わらず狙ったような百合シーンでした。(苦笑)

ところで、今回は全何話なんでしょうか?前期は13話だったのですが、そのペースで行くとあと2話ある感じでしょうか。まぁ、全国大会に1話使うとして、最終回はあの第1話に繋がるシーンがあるんでしょうね。