Wx01

Lostorage incited WIXOSS 08「闇/渇望と喪失」です。

『Lostorage incited WIXOSS』ですが、前のシリーズの『selector infected WIXOSS』、『selector spread WIXOSS』はかなり好きで、映画版まで見て感想も書いていました。

『selector infected WIXOSS』シリーズの感想はここ

劇場版『selector destructed WIXOSS』の感想はここ

ということで、今回の『Lostorage incited WIXOSS』のシリーズも感想を書こうと思っているわけですが、前回の『selector WIXOSS』シリーズのシリーズ構成をしていた岡田麿里さんが抜けたこと、キャラクターデザインが自分の大好きな坂井久太(坂井久美子)さんでなくなったことが気になっています。

先週の第7話では、千夏ちゃんのブックメーカーでの活動と、追い詰められていくセレクターたちが、どう行動するのかがメインになっていました。その代表が千夏ちゃんたちの同級生白井翔平で、“誰も傷つけずに戦いを終わらせる方法”を考えているようでしたが、そんなに甘くないということに気づかされました。

では、Lostorage incited WIXOSS 第八話「闇/渇望と喪失」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)引用できず

白井翔平は、千夏に負けたことで、記憶を失い始めていた。森川千夏は、そんな白井翔平をブックメーカーに引き込もうとするが、なぜか最後の場面で躊躇してしまう。

一方、御影はんなは、コインを5個集めようと最後の一個を得るために、水嶋清衣にバトルを申し込む。

時を同じくして、穂村 すず子も本格的にバトルを開始する。

その裏側で、ブックメーカーは、鳴海勝に対して、ある行動を採る。

Wx02

感想:

ということで、『Lostorage incited WIXOSS』 第8話「闇/渇望と喪失」です。

今週は地味な回だったようにも思いますが、サブキャラたちが一斉に動き出したということでは、それなりに派手な回だったかもしれません。

そんな一方、主人公の千夏ちゃんは、白井翔平に対しては、結局冷酷になり切れず、すず子ちゃんはバトルに向かうという感じで、少しずつその立場を変えつつあるという感じでしょうか。

その陰で、いよいよピルルクちゃんが動き出しました。第1話(第2話?)以来でしょうか。セレクターは水嶋清衣ちゃんで、能力はかつてのピルルクちゃんと同じような感じですね。なにか知っている雰囲気で、まぁ恐らく何かカギを握るキャラでしょうね。

そして、ブックメーカー。やはりセレクターでしたが、どうやら以前はルリグだったようで、そう考えて性格的だけ見ると、誰かに似ている気もします。深くはわかりませんが。ただ、中途半端なおっさんキャラは、どうも魅力を感じないので、難しいところです。チート技を使うカーニバルは気になりますが。

いよいよ、ピルルクちゃんとセレクターとしてのブックメーカーが動き出したので、次週が楽しみですね。