Ny01_2

夏目友人帳 伍 特別編「ニャンコ先生とはじめてのおつかい」です。

ひさしぶりにやってきました『夏目友人帳』。前の感想をみますと2012年ですか。ということで、4年半ぶりなんですね。先週を見ますと、やはり間が空いたためか、ちょっと入り込むのに時間が掛かりましたが、雰囲気は昔のまま、優しい感じだったと思います。

『夏目友人帳』はざっくりいうと、普通の人には見えるはずのない妖怪(あやかし)が見えてしまう夏目 貴志。そんな彼は見えてしまうがために、関わり合う人々から疎まれていた。そんな彼が、祖母である夏目レイコの遺品「友人帳」を巡って、妖怪のニャンコ先生と知り合い、また学校の仲間と友達関係を築くうちに、心を開いていく様子を描くものです。

恐らくは、今までの無印と続、参と肆は変則2クールずつだったので、今回も変則2クールになるのではないかと思うんですがどうでしょうか。

先週は、先々週に引き続いて、一話完結の穏やかなお話しでした。いつもながらに、ホンワカして、それでいて感動するお話しでした。これぞ、「夏目友人帳」という感じでしたね。

今週はOVAだったやつでしたっけ。

ということで、夏目友人帳 伍 特別編「ニャンコ先生とはじめてのおつかい」感想行きます。

原作は既読です。最新刊は第21巻です。

あらすじ:公式から引用)

ある日、夏目と散歩していたニャンコ先生だったがうっかりはぐれしまい、迷子の兄妹に出会う。行きがかり上、一緒に目的地まで付き添うことにするが、慣れない小さな子供に手を焼くことに。中級妖怪たちやヒノエのとんちんかんなアドバイスを受けながら、目的地を探すのだが・・。

Ny02

感想:

夏目友人帳 伍 特別編「ニャンコ先生とはじめてのおつかい」です。

ものの話では、今週は過去発表済みのOVAということでした。実際は確かLaLaの全プレだったと思いますが、今期を見ていると、3、4話の作画がかなりアレだったですし、先週もお話しは良かったのですが作画的には良いともいえない感じでしたから、少しためを作りたかったのかもしれませんね。

「ねとらぼ」の調査では、テレビ東京が判断したとのことでしたが。

それはそうとお話し的には、内容は完全に半分で良かったお話しですね。迷子になった双子との絡みというより、ニャンコ先生とオールスターキャストとの絡みを楽しむお話しだったかと。それも、ニャンコ先生をどう呼ぶかがメインだった感じもしますね。

まぁ、アニメオリジナルというお話しも聞きますし、これぐらいな感じかなという気もします。他に使えるもう少しいいエピソードもあった気もしますが、エピソードの進み具合などで使えなかったのかもしれません。

次週は、通常のアニメ放送に戻るかんじでしょうか。先々週のように素晴らしい回もあるので、このためで余裕ができればいいんですが。

#連絡事項でございます。このブログはeoblogというeonetのサービスを使っていますが、そのブログサービスが終了するためこのブログも移転することになります。恐らくlivedoorになると思います。データは試し移行していますが、まだデザインとか直していないのでもう少し時間がかかるかな。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/1115-6fb8.html