藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

交響詩篇エウレカセブン「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」

E_5 交響詩篇エウレカセブン「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」です。

う〜ん、今週はなんなんでしょうか?先週までガーッと盛り上がったので、なんだか見ていて変な気分です。いや、悪いというわけではなくて、なんだか本当に何をやろうとしているのか分からなくなっちゃったって感じですね。

続きを読む

BLOOD+「折れたココロ」

Regzlqkd BLOOD+「折れたココロ」です。

どうも今一つ嵌まり切れないんですよね。
なぜでしょうか?期待しているようにストーリーが展開しないからかなぁ。

取り敢えず粗筋です。
「黒いフード姿の怪しい人影が、少女を襲う。少女は、黒フードの面々に血を吸われ倒れる。黒いフードのメンバーは、どうやら小夜を追っているらしい。「イレーヌ」と呼ばれた少女は、小夜の夢に出てきた少女に似ている。

一方、小夜たちはホテルに到着したが、デヴィッドたちはスベルドロフスクに出かけていて不在だった。

そんな中、リーザと小夜は、翼手について、小夜が戦う理由について議論する。小夜は、皆を守るために戦うというが、小夜の存在理由は別にあるはずと、リーザは指摘する。議論に窮する小夜だったが、リクが熱を出し倒れ、議論は中断する。

リクの看病をする小夜だったが、リーザは、ついに自分の正体を小夜にバラす。リーザとの決戦に挑む小夜とハジだったが、彼女には歯が立たない。

そして、リーザは、小夜に自分が翼手であることを認めるように諭すのであった。そして、さらにディーヴァが小夜の血族であることを告げる。

そんな、リーザと小夜の闘いを見つめる黒フードの面々がいた...」

さて、リーバが動きだしましたが、声が色々変わるところをみると、男性?っ気がしました。んで、エンディングを見てみると、あらあらそこには種明かしが。

いけませんね。本編で秘密にしている内容をエンドテロップでばらしてしまうなんて。

それはさておき、予想通りディーヴァと小夜には深い関係がありそうです。血族ということは、小夜の誕生の秘密があのコンテナにあるのでしょうか。

まぁ、とりあえず興味を引かれる引きではありました。

灼眼のシャナ「戦いの中で」

Xzvqo3ds 灼眼のシャナ「戦いの中で」です。

いや、「戦いの中で」って、戦ってませんがな。
原作と戦い方が違ったので、『ラーの礫』の破壊力も、おぞましい『我学の結晶エクセレント29004-毛虫爆弾』も出てきませんでした。
あ、名台詞「なんで最初からあの翼で飛んでこなかったのかしら」もありませんでしたね。

恐らく、ストーリーの重心が原作より少しシャナに掛かっていると思われます。そのため、シャナの悲しみは、原作比1.5倍ぐらい伝わってきましたね。

続きを読む

「灼眼のシャナ XII」高橋弥七郎★★★★☆

S_8 「灼眼のシャナ XII」高橋弥七郎
電撃文庫 1217 ISBN:4-8402-3304-7

11巻が出たのが、11月末でしたっけ。なんだか微妙にいいところで、次に続くにされていたので、待ちくたびれましたよ。

11巻では、それまで散々[仮装舞踏会(バル・マスケ)]との対決を匂わせておきながら、突然”彩飄”フィレスとの邂逅(激突かな)に舵を切って驚かせたわけですが、実はこれは必然だったわけです。

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「スターダンサー」

E_6 交響詩篇エウレカセブン「スターダンサー」です。

寝たのが早かったので、6時過ぎには目が覚めました。おかげで、エウレカセブンをリアルタイムで見れました。ラッキーでした。だって録画の途中で、エラーを起こしてレコーダーが止まっちゃったんですもの。(涙)
こんなに濃い回だったから、2〜3回見ないと感想書けないかもって思ったのに。(号泣)

続きを読む

BLOOD+「エカテリンブルグの月」

Hi6iyc6q BLOOD+「エカテリンブルグの月」です。

まぁ、今日は祭日だったのですね。熱が下がらないので病院に行って気づきました。
薬屋のおばちゃん、休日診療の情報ありがとう。大変助かりました。

ということで、粗筋です。
「デヴィッド、ルイス、そしてカイは、デルタ67の研究に携わっていたテッド・A・アダムスから情報を得ようとする。

しかし、3人が訪問したテッド・A・アダムスは既にいなくなっていた。しかし、ルイスが写真から得た情報で、スベルドロフスク51にいるらしいことがわかった。

スベルドロフスク51に急行する3人。しかし、テッド・A・アダムスはすでに翼手化したテッドの息子アンドレによって深手を負わされていた。

傷を負いながらも、カイの機転で翼手を退けたデヴィッド。虫の息のテッド・A・アダムスからディーバのことを聞き出す。奔放な性格の美少女であるらしい。」

ということで、意味ありげに、ロシア編開始時からかたられていたテッド・A・アダムスさんですが、登場したと思ったならもう退場ですね。何のためにあんなにネタ振りしてたんでしょうか。

まぁ、BLOOD+ってそんなネタが多いですね。良くいえばあっさりしている、悪くいえばストーリーが練られていないように見える。

チェルノブイリやスベルドロフスク秘密都市なんて面白いネタを持ってきておきながら、ブラフの一言で済ましてしまうなんてもったいないなぁ。

次週はまた小夜が戻ってくるようだし、楽しみにしておきましょう。

灼眼のシャナ「砕ける願い」

Nzyxta1v 灼眼のシャナ「砕ける願い」です。

原作の最新刊が出ましたね。今度の表紙も悪くないのですが、シャナの表紙では、やっぱり7巻の着物姿が一番でしょう。ちょうど、今のアニメの原作が入っている本になります。

原作を読んでいない方には分からないとは思いますが、ここ2話辺りは、アニメの第1、2話並に原作と違うストーリーになっています。まぁ、それほど今まで原作を忠実に再現してきたということでしょうが。

続きを読む

マイコプラズマ肺炎

風邪が良くならなくって、困っていました。インフルエンザも陰性で引っかからず。まじめに鳥インフルエンザかと思いました。(汗)

が、レントゲンで病名判明。マイコプラズマ肺炎ですと。うちの上の子が以前掛かったので知ってはいましたが、まさか自分がかかるとは。

症状としては、咳、頭痛、発熱などで、通常の風邪とあまり変わりません。ただ、風邪のペニシリン系抗生物質などが効かないので、ナカナカ良くならない。そんな場合には、医者で聞いてみては。藍麦は、咳がひどかったのでレントゲンを撮影して一発で分かりました。2005年はちょっと流行したんだそうです。

完治まであと、1週間は掛かるかなぁ。

交響詩篇エウレカセブン「アクペリエンス・3」

E_7 交響詩篇エウレカセブン「アクペリエンス・3」です。

いいですね〜、新オープニング。特に、あの「アメイジング・グレース」の前奏に入るか入らないかのところがいいですね。ぞくぞくってしますよ。
この1〜2月にかなりのアニメでオープニングが変わりましたが、軒並み当りが多いという気がします。でもNo.1はこれかな?

アクペリエンスとつく回には、法則性がありますね。図書館とバスですか。

続きを読む

BLOOD+「約束おぼえてる?」

Sxgmnxhu BLOOD+「約束おぼえてる?」です。

なんですかね、このサブタイトルは。
ときどき変なサブタイトルが付きますよね。どういうセンスをしているんだろう。というか、どういうアニメを作りたいんだろう。萌え系なら別に文句を言わないけれど。

今回のストーリーは、仕掛けのある話(?)だったので、ちょっと書き方を変えて。
「小夜とハジが吹雪のなかでめぐり合ったところからのお話。ハジはなぜかグレゴリーという男を探している。そんな二人が小さな村で出あったのが父子で人間を作る研究をしていたという少女、ソーニャだった。

村の老女は、ソーニャのことを化け物として仕留めようとしたが、ソーニャはただの翼手ではなくシュバリエだった。彼女は、夜の間にハジを木の杭で串刺しにし、小夜だけを味方にしようとしていたのだ。」
頭と結末を書かないで、繋いでみましたが、うまくいったでしょうか。

まぁ、実際の本編では、全然話が解らない状態で、???の嵐状態だったので、すぐ過去の話と気付いていいようなないようでした。でも藍麦は風邪引きでお熱ちゃんだったので、違和感感じまくりのママ、最後まで見てしまったわけですよ。
スタッフの術中にはまったってやつですね。

次回は、藍麦的にどうでもいいカイの話のようですね。
早く進めてよ。先週の伏線(女の人)とかは、どこで使うつもりなの?

灼眼のシャナ「新たなる序章」

Thctpbvj 灼眼のシャナ「新たなる序章」です。

過去編に出てきた天目一個 (てんもくいっこ)は、恐らく天目一箇命(あめのまひとつのみこと)のことなんですよね。同じ刀鍛冶だし。すると、シャナが持つ『贄殿遮那』は天叢雲剣や草薙剣と同じ流れを汲むんですね。
でも、時代設定からすると、『贄殿遮那』のような近代日本刀の訳がないので、どう読むか難しいところです。(え?気にするようなところではない?)

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「コズミック・トリガー」

E_8 交響詩篇エウレカセブン「コズミック・トリガー」です。

風邪のため出遅れました。
第4クールということで、予定通りオープニング、エンディングが変わりましたね。オープニングについては、前回書いちゃったので、今週は言及しません。オーソドックスな、エバンゲリオン風オープニングで良いのではないでしょうか。(褒めている)

続きを読む

BLOOD+「シベリアン・エクスプレス」

Umcwnj3p BLOOD+「シベリアン・エクスプレス」です。

と行きたいところですが、どうにもこうにも風邪が良くならなくって、ダウン状態です。

本編も昨日オンタイムで見て、「おお、心を入れ換えたのか。ロシア編は良さ気だぞ」なんて思ったのですが、書き込みする気力と体力がありません。

取り敢えず、今までになく派手に動いたロシア編プロローグに期待を持ちつつ、今日のところはここまで。

ゴホゴホ。

灼眼のシャナ「炎髪灼眼の討ち手」

C9ikovfx 灼眼のシャナ「炎髪灼眼の討ち手」です。

そうか、新オープニングは次週からなんですね。
今週で、“狩人”フリアグネや“愛染自”ソラト、“愛染他”ティリエルも見納めかと思うと、寂しいものがあります。
まぁ、“頂の座”ヘカテー様が(以下略)

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「ジョイン・ザ・フューチャー」

E_9 交響詩篇エウレカセブン「ジョイン・ザ・フューチャー」です。

SonyMusicの次週からのオープニング映像先行配信見ましたよ。
オープニングの感想は後半にということで、まず本編。

続きを読む

BLOOD+「おいかけたいの」

Dllajmnx BLOOD+「おいかけたいの」です。

実感はないですが、ライブドア事件って結構大変そうですね。blogを移った人もいるみたいだし。でも、なんだかこう釈然としないものを感じます。出る杭を叩くというか。スケープゴードというか。
いや、ライブドアってOPERAのサポートがいい加減だったから好きじゃないんですが。なんだか、ライブドアの一部にトラックバックができないのも気になりますし。(違)

ということで粗筋です。
「空母の格納庫の中で、シュバリエの一人ソロモンは、ディーヴァが入ったコンテナを愛でている。そんな彼の元にもう一人のシュヴァリエ、ジェームズが現れる。
カールの行方を語り合う二人だが、その行方は知れない。取り敢えず、カールの後任にはジェームズが就くこととなった。

そのころ、琉球毎日新聞の記者岡村は、一人小夜のことで悩んでいた。ベトナムの成果がワイン一本とピンボケの山のような写真だけは、有給休暇と貯金を無駄遣いしただけだ。ただ、ピンボケ写真の中でたった2枚きちんと写っていた画は、30年前に岡村の父がラオス付近で写した刀を持った少女と怪物の写真に酷似していた。これからどうするか悩みながら出勤する岡村だったが、そんな彼をルイスが追っていた。

岡村は、唯一の証拠品であるワインの分析を助川教授に依頼する。彼は、教授との会話から事件の中心に「小夜」がいることに気付く。

小夜を追いかけて高校に行く岡村。彼はそこで、小夜を知る真央に出会う。

岡村は真央から、小夜が日本に戻りまた旅立ったことを知らされる。ついに、手がかりが途切れたかと思われたが、唯一残ったのがワインルート。ただ、岡村にはフランスを取材する資金がない。そんな彼に手を差し伸べたのが、真央だった。」

ということで、何もない回でした。先週、小夜たちがロシアへ。そして今週は、岡村と真央がフランスへということで、ロケーションを変えるということが分かっただけですね。
先週はまだいいですが、今週はちょっと長すぎですね。せっかくオープニングも変わり、登場人物も増えて心機一転テンポ良く進むのかと思ったのですががっくりです。(鬱)
一つ、真央ちゃんがロシアに行くのかと思ったら、実はフランスへ行くというのにはびっくりしました。

早く次週が待ち遠しい展開になってほしいものです。

次週からロシア編開始ということで、テンポアップするのかなぁ。

交響詩篇エウレカセブン・新オープニング

世間で何かと評判の悪いエウレカセブンの第3クールのオープニングですが、ついに変わるようです。

といっても、期間全うして第4クールから変わるようです。ということは、1月29日の第40話からですね。

ということで、SonyMusicからオープニング映像の先行配信があるようです。
配信サイトはここ
1月22日7:30から配信スタートということで、混み合いそうですね。

灼眼のシャナ「炎が生まれた日」

T6unalox 灼眼のシャナ「炎が生まれた日」です。

シャナの記事に何を書こうかなって思いながら寝てしまって、電車を思いっきり乗り過ごしてしまいました。終点まで。(滝汗)
ということで、新EDになりました灼眼のシャナいきましょうか。

続きを読む

灼眼のシャナ「偉大なる者」改

Shse7rnc 灼眼のシャナ「偉大なる者」です。

遅れましたが、ストリーミング配信で見ましたよ。便利な世の中になったもんのであります。
ということで、続きを書くであります。

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「デイト・オブ・バース」

E_10 交響詩篇エウレカセブン「デイト・オブ・バース」です。

一度書き上げたところで、登場人物の名前を確認しようと、オフィシャルページを開いたところでフリーズしちゃいましたよ。(号泣)
書き直します。

続きを読む
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ