藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

「ARIA」7 天野 こずえ★★★★☆

0fen55jv 「ARIA」7 天野 こずえ
BLADE COMICS ISBN:4-86127-194-0

遅ればせながら、ARIAの第7巻です。
いやホントは、限定版が欲しかったんですが、ちょっと値段がね。千円ぐらいなら考えたと思うんだけれど。
本当は、限定版を探して見つけられなかったことは秘密。

さて、この10月5日からテレビ東京系でアニメ放送が始まる「ARIA」ですが、知らない方も多いと思うので、説明しておきます。

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「パラダイス・ロスト」

A_4 交響詩篇エウレカセブン「パラダイス・ロスト」です。

良い話でしたが、画が絵がう〜ん、最近レベルが下がっている気がするけれど、大丈夫かなぁ。

続きを読む

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「最後の力」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「最後の力」です。
Jid6aexm 最終回、「最後の力」ですか。やっぱりサブタイトルと内容がずれていますよね。今回のサブタイトルが「レイ」なら結構しっくりくるんだけれど。サブタイトルは結構前から決まっていて、脚本が間に合わず、内容が遅れていった感じですね。

ということで、最終回記念4人種割れキャプチャーです。[E:smile]ラクスの種割れの意味がわかりませんが。

ということであらすじです。
『互いに刃を交わすキラアスランくんシンレイちゃんバレル

アスランくんは、アークエンジェルを追いレクイエムの破壊に向かう。シンにそれを追わせるために、キラに立ち向かうレイ。それは、彼の運命を変えるための戦いでもあった。

アスランのインフィニット・ジャスティスを追い戦いを挑んだシンのディステニーガンダムであったが、ルナマリアの介入で種割れしたアスランに戦うための根拠を否定され(簡単に)破れてしまう。

その間に、ディステニープランを遂行するための最後の壁であるオーブをレクイエムで破壊しようとするデュランダル議長は、発射の準備を進める。

キラを落とそうとしたレイは、自分がラウのクローンであることを示唆する。動揺するキラ出会ったが、自由を守る意志は固く、レイを撃破する。

一方、レクイエムを守るためにアークエンジェルを討とうとするミネルバであったが、スーパー操舵手ノイマンさんのいるアークエンジェルに返り討ちにあう。

遮るものがなくなったインフィニット・ジャスティスとアカツキは、レクイエムを破壊しオーブを守った。

また、Sフリーダムもミーティアを再装備しデュランダル議長の目論見を完全に打破する。

生身でお互いに銃口を向けるキラとデュランダル議長。しかし、そのデュランダル議長の胸を撃ち抜いたのは、キラによって明日への希望を諭されたレイの弾丸であった。

そして、デュランダル議長とレイ、タリア艦長の運命に炎が幕を引いていく...』

総集編や変なところに時間を使ったため、尺が足りなくなり、無印SEEDと違い主要人物が死にませんでした。死んでいくシーンを入れる時間がないためと思っています。議長もきっと今までのパターンだと生きているのですよ。(爆)

それはさておき、悪くない最終回だと思いますよ。いろいろ文句がある人も多いだろうとは思いますが。レイの涙するシーンや爆風に飲まれる3人なんて悪くなかったです。

最後に「運命」を口にしたのがタリアさん、デュランダル議長を撃ったのがレイということで、スタッフがやりたかったテーマがそこにあったのがはっきりしましたから。ただ、ここに来る過程の描き込みが足りません。[E:sad]

本当の主人公がデュランダル議長とレイ、キラがそれに贖う役割りというわけですね。だとしたら、アスランくんかシンのどちらかは要りません。彼らは、話を進めるための船頭役なのでしょうが、それを二人にしたことで、話が分散してしまったとう感じです。というか、ストーリーをコントロールする力がスタッフになかったのですね。[E:shock]

最初からもしくは後半の初め位から、デュランダル議長とレイと、キラの対立を中心に据えていればこんなことにならなかった気がします。結局、シンを主人公だと最初に見せてしまったから無理がきたのでしょう。シンも最後のシーンで泣いてましたよ。(違)[E:sad]

しかし、アークエンジェル軍強すぎます。最強のコーディネーター・キラはともかく、アカツキは無敵すぎ。あと、アークエンジェルってノーマルの人たちなんですよね。特にノイマンさんすご過ぎです。[E:wink]

Td41igim しかし、何度もいいますがもう少しラスト2話位はしっかり時間をとってやってほしいですよね。レイもシンもあっさりやられすぎ。シンなんて、またキックですから。で、アークエンジェル軍は、ほとんど無傷というわけです。(キャプ参照)

さぁて、今度ガンダムやるならば、福井晴敏さん原作・脚本やってくれないかなぁ。あ、婦女子がついて来ないか。[E:wink]

苺ましまろ「花」

Ik58gjmx 苺ましまろ「花」です。

ひょ〜ろん3本超えたので、カテゴリ作りました。


藍麦は、社会人の多分どちらかというと常識人[E:wink]なわけなんですよ〜。なので、美羽chanの暴走が度が過ぎるとどうも引いちゃうわけですよ。ということは、苺ましまろをギャグアニメとして見てないんですね。クレヨンしんちゃんなんて平気で笑って見てるし。[E:smile]

では、苺ましまろが何かというと、ホームページによると「オフビート感覚」のアニメ。この場合のオフビートって、なんですかね。普通は、少しずれた、風変わりなって感じで使う言葉だと思うのですが。藍麦的には、ほのぼのとか安心できるとかを期待していたんですよ。

ということで、今回の「花」は、結構ほっとしてクスクス見てました。もう少しは毒があってもいいかもしれないけれど、これくらいが心地よいですね。

さて、今回の萌え(?)ポイントですが、茉莉chanのべたな、「千佳ちゃんなのぉ?わぁ〜ほんとだ〜」ですね。いい味だしてます。[E:smile]

あ、原作の1巻読みました。うう〜ん。読めません。少し、拒否反応が出ました。悪い意味での同人的な感覚がだめです。2巻なんかになると洗練されるのかなぁ。

この秋、このアニメを見ようかな?

もうすぐ10月ということで、この秋から藍麦が見ようかと思うアニメの週間リストを作ってみました。

基本的に1日1本にしたいのですが、この秋は土曜日に集まってるんですよね〜。[E:shock]

日曜日
7:00 毎日放送『交響詩篇エウレカセブン』(継続) 
うん、続けて見るぞ

月曜日
お休み〜[E:sleepy]

火曜日
お休み〜[E:sleepy]
CLUSTER EDGE』見るかも。

水曜日
26:05 TV東京系ARIA The ANIMATION(10/5)
今一番楽しみにしている。佐藤順一氏だしね。

木曜日
25:55 TBS『苺ましまろ』(継続)
期待していたほどではないんだよね。どうしようかな。

金曜日
18:00 TV東京系『ケロロ軍曹』(継続)
安心して見れますね。

土曜日
10:00 TV東京系『ふしぎ星の☆ふたご姫』(継続)
レポート書いてないけれど、ひょっとして、結構傑作かもと思い始めたこのごろ。[E:wink]

18:00 MBSBLOOD+(10/8)
一応見ようかな。

27:25 毎日放送灼眼のシャナ(10/8)
なんちゅう時間や。見れないかも。

さあ、どのアニメが面白いかな。

エレメンタルジェレイド「天空と未来の謳」

エレメンタルジェレイド「天空と未来の謳」です。
2crsj4st
いや〜、最終回だからということもありますが、作画目茶きれいでしたね。アクションシーンもばしばし決まっていたし。もっと前からこんなアクションシーン見たかったな。


ということで、もういいかとも思うけれど、あらすじです。[E:wink]
レンとリアクトしたオーファスたちカオスクワィヤの三人。

シスカ先輩クーたちは、カオスクワィヤたちだけを攻撃してリアクトを解こうとするが、歯が立たない。

追い詰められたシスカ先輩は、カオスクワィヤたちを説得しようとする。しかし、オーファスの「だったら何故アークエイルがあるのです!」という言葉に反論できない。

その苦境を断ち切ったのは、「レンがレンだから好きなんだ」とレンへの想いだけで動いたクーであった。

体に残るイヴの意識の力を借りて、古の謳を謳うクー。

その謳によってすべてのエレメンタルジェレイドのリアクトは解ける。それを見たオーファスたちは、ガーディアンとの共存の可能性を見いだし戦いをやめる。

エディルガーデンは、静かに地上に戻り、ガーディアンとエディルレイドの共存の歴史が始まるのであった。

そして、クーとレンは...』

久しぶりにお見事な最終回でした。もちろん、使い切れない伏線やご都合主義的なところもありますが、少年と少女の物語としては、こういうハッピーエンドが似合っています。[E:smile] きれいにまとまっていたとも思います。

シスカ先輩とオーファスの議論は、大人の都合。どちらも正しく、どちらも正しくない。結論なんて出ない。それを「レンがレンだから好きなんだ」で打ち破るのはありがちですが、最近になく真っ向振りかぶった演出で好感が持てました。それを「クーがクーだから」でレンが返すのも良かったです。[E:smile]

で、なんといってもシスカ先輩が活躍してくれたのがうれしい。[E:lovely]最後の最後で、ずっとアークエイルとしていることに悩んでいたことに結論が出たのもよかったですし。Aパートの終わりもBパートのナレーションもシスカ先輩でした。やっぱり彼女は主人公の一人ですね。[E:smile] 願わくば、フィロにも生き返ってほしかったけれど、そこまで行くと行き過ぎですね。

でも、やっぱり主人公はクーとレンでした。最後のレンの台詞に全部持っていかれてしまいましたから。[E:smile]
Iicf3j2r

「息..できるかな」

あ、キャプチャーでシスカ先輩とフィロ以外初めて使った

交響詩篇エウレカセブン「ディファレンシア」

A_5 交響詩篇エウレカセブン「ディファレンシア」です。

う〜ん、絵の質が落ちている気がするのは、藍麦だけ?今週の特にAパートで、デッサンの質が落ちていた気がします。次週予告でもその傾向があるようなので、ちと心配です。でも、脚本は絶好調。

続きを読む

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「レイ」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「レイ」です。

次回予告で、長く続いていた(?)論争「種運命の主人公は誰か?」の結論が出ましたね。予告の言葉が「フリーダムっ!!」でしたから、主人公はキラぴょんに決定![E:smile]

ということで、最終回手前のあらすじです。
『戦う体制を整えたアークエンジェルとエターナルは、 レクイエムの一次中継コロニーである「ステーションワン」を撃つべく出撃する。

例によって、高らかな前口上を吐くラクスだが、迷いながらもザフト兵は、攻撃をやめることができない。

一方、エターナルからミーティア装着の支援を受けた、キラ・ヤマトアスランくんは、圧倒的な火力(イデオソード(違))と卓越した能力で、敵を蹴散らして行く。(「アスラン」、「あぁ」[E:wink])

しかし、「ステーションワン」が落ちることを想定していたか、デュランダル議長は、シンレイをミネルバから呼び寄せ、使命感の念押しをする。

迷いが浮かぶシンであったが、レイから彼がキラの試験体(資金?やっぱ試験だよね)であること、もう一人の自分(画面ではクルーゼ)はすべてを無に返すため戦い散ったとの言葉を聞き、ディスティニープランのために戦う決意を固める。

イザークディアッカの援助を受け「ステーションワン」を落としたキラとアスランくんは、オーブ軍と合流しダイタロスの攻撃に向かう(あってる?)。

しかし、ラクスの台詞の「勝敗の有無はスピード」ではないが、既にときは遅く、ローエングリンは弾かれるは、さらには、メサイアにネオ・ジェネシスが装備され、その一撃で雑魚オーブ軍の多数を失い窮地に陥る。

とどめとばかりに出撃した、レジェンド&デスティニーガンダム。それを迎え撃つ、Sフリーダム&Iジャスティス。

レイ対キラという新たな因縁を終息すべく、Sフリーダムとレジェントが刃を交える。さてどうなる!』

まぁ、アカツキのオーブを守る最強の盾(確かそんな設定ぢゃなかったっけ?)の実演とか、イザークのお約束「俺が殴りたいのはアイツだけだ!!」とか、いろいろありましたが、それは枝葉でしょう。いや、石を投げないで。[E:shock]

結局デュランダル議長のラクスへの固執と、レイとキラの因縁で話が進んでいることが判明した回でした。だって、あと一回で終わりだも〜んって感じで、他のネタの整理まで手が回らないでしょう。もちろん(元)主人公のシンを立てないといけないし。

でも、デュランダル議長がなぜそこまでラクスを怖がるか、いや一番敵にしたくない女だとは思いますが、ってどこかで触れられましたっけ?利用しようとしたときに邪魔だったというだけではないですよね。

さて、藍麦は今頃になってスーツCDの6を聞いたのですが、ずるいですねぇ。これを聞いているといないとで、ここ数回のレイ、シン、ルナを見る印象がまったく違いますよ。
今回のレイの「信じてやれ」の台詞の重みもCDを聞いていない人にはわからないのぢゃないかなぁ。[E:sad]

聞いていない方は、レンタルで来週までに聞いておくといいかも。買う値打ちはきっぱりとないと思います。[E:wink]

それはさておき、誰かこの世界の通信回線について説明してくれ!(この台詞何回目?>自分)[E:shock]敵味方、誰彼関係なく会話できるのはどうして?
教えてメイリン![E:wink]

苺ましまろ「育ちざかり」

苺ましまろ「育ちざかり」 です。

今回は、大阪で見ました。って、こらっ!
毎日放送でなんでやってへんねん!
ああ、見損ねた。[E:coldsweats02]

ということで、今週はお休みです。[E:sad]
ちなみに、ケロロ軍曹の録画もわすれまひた。[E:coldsweats02]

交響詩篇エウレカセブン番外編「金枝篇」考察

A_6 交響詩篇エウレカセブン番外興行

『金枝篇』(全5巻) J・G・フレイザー
岩波文庫 ISBN:400342161〜5

ずっと気になっていたので、家の『金枝篇』を引っ張り出してみました。[E:smile]
『金枝篇』って色々種類があるのですが、岩波文庫版でございます。

続きを読む

エレメンタルジェレイド「混沌の礼讃謳」

Cpiaprnt エレメンタルジェレイド「混沌の礼讃謳(カオスクァイア)」です。

まぁこれぐらいの作画ならば許せますか。Aパートには怪しいところもありましたが、Bパートは安定してましたしね。一番きれいだったのは、次回予告かな。期待、期待。


さて、あらすじはこんな感じ。
『リアクトしたオーファスたちカオスクァイア幹部の一撃で、呆気なく死んでしまったクー

障害がなくなったオーファスたちは、レンを女王にする儀式を行う。

一方、シスカ先輩たちは、カオスクァイアの野望を阻止しようとレンを封印することにする。

そのとき現れたのは、イヴに新たな命をもらったクーだった。

クーは、カオスクァイアもアークエイルも関係なく、レンを救おうとする。その想いが通じたのか、レンが目を覚ます。このままレンを操ることが無理だと判断したオーファスは、最後の作戦に打って出る。それは...』

うん、いいですね。夕方6時のアニメってこうですよね。変な小理屈を捏ねて破綻するアニメより、レンを救いたいっていう気持ちを世界を救うことより優先して突っ走るクー、この方が断然いい。(どのアニメを指しているかは自明[E:wink])

レンの周りの障壁があるのに、シスカ先輩が封印しようとしたときは邪魔をしようとし、クーのときには放っておくオーファスなんて矛盾も気にならない。

後は、最後にシスカ先輩が活躍してくれればいいのだけれど。でも、次回予告を見るとその心配も杞憂に終わりそう。クーの復活が予想通りだったし、何となくみんなが予測するところに落ち着く大団円っぽい感じ。[E:smile]

まぁ、欲を言えば、最後くらい原作並のアクションシーンをお願いってぐらいですか。[E:shock]

交響詩篇エウレカセブン「クラックポット」

交響詩篇エウレカセブン「クラックポット」です。

クラックポットって何だっけ?テトラポットと違うのは判るけれど。いやひょっとしてと思って辞書を引いたならば、crackpot、ん?小泉首相のことか。[E:wink]

続きを読む

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「新世界へ」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「新世界へ」です。

タイトルだけ読むと、「シン世界へ」とも採れるのですが、ぢつはレイちゃんバレルくんが長話をする回でしたね。ええ、サブタイトルと内容が1週間ずれるのは種死ではごく一般的なので気にしないことにします。[E:smile]

で、あらすじはこんな感じ。
デュランダル議長の発表した「デスティニープラン」。 それは、人類が己の技術力で人間を選別し、機械的に決められた職業や役割に就くというものだった。

そのころアスランくんが生きていたことを知って以来、議長の言葉に少し疑問を持ち始め戦闘力の落ちたシンを説得するため、レイちゃんバレルは、シンをルナマリアから遠ざけ、彼の痛ましい記憶を揺さぶる。

一方、カガリ指揮で暴走するオーブと、アークエンジェルを匿っていたスカンジナビア王国は「デスティニープラン」に対し、反対を唱える。しかし、ロゴスがいなくなった世界は、まだまだ動きを決めかねていた。
 
世界の動きを決定付け、一気に変革の速度を加速するため、デュランダル議長は、アルザッヘルの連合軍に、レクイエムを発射する。

デュランダル議長がレクイエムを使用したことに驚くシンだったが、レイは議長だけを信じることを説き、自分の秘密を告白する。

一方、デュランダル議長は、次の標的としてアークエンジェルを指名する一方、シンとレイを自分の傍に呼び寄せる。

また、アークエンジェルも最終決戦を覚悟し飛び立つ。

以下次回。』


って、書けば長いが内容は薄いですね。ほとんど今までも判っていたことだし。まぁ、レクイエムを撃つことで、デュランダル議長の悪役化を決定付けたかったのかも知れないけれど、あと3回の時点で、こんな余裕をコイた話でいいのか?もっと、クリアすべきことや、心の動きの描写などがたくさんあるだろう?[E:sad]

まあ、今更言っても仕方ないので、残りの予想![E:smile]

ミネルバからシン、レイが抜ける。→ミネルバとアークエンジェルの戦い→ルナ戦死(既にフラグが...)→怒りのシンとキラの戦い→アスランくんデュランダル議長と対峙→議長を守るレイちゃんとの戦い→OVAへ!

外れたならごめんなさい、って外れる確立8割と見た。[E:shock]

ところで、回想シーンで子供のころのレイちゃんバレルがいろいろな人と出会っていますが、どう考えても、時間軸が合わない気が。[E:shock]

苺ましまろ「お祭り」

Cbqpx8sz 苺ましまろ「お祭り」です。

ん〜、あとあと何かひとつなんだよなァ。あと、何かひとつずれている感じで、面白くなりきれない。[E:shock]


例えば、美羽ちゃんの狂言回しも、やりすぎというか不自然ですよね。

つい、「あずまんが大王」と比較してしまうんだけれど、美羽ちゃんは智の役割りだと思うんですよ。ゆかりせんせが、おねいひゃん。で、どっちが身近に感じるかというとやっぱり「あずまんが大王」なんですね。

きっと、高校生活は結構記憶があるので、実感がわくんだと思うんですよ。でも、自分が小学生のころは、ひょっとしてあれに近かったかも。めだちだったらしいし。(^_^;

さて、今回はどこが面白かったかというと、お祭りよりも前半の浴衣に着替えるシーンですね。

「お色気」シーン最高![E:smile]

ところで、これ夏祭だよね。先週夏休みは終わった気が...

「猫丸先輩の空論」倉知 淳★★★☆☆

Mgefudin 「猫丸先輩の空論」倉知 淳
講談社ノベルス SBN:4061824465

猫丸先輩シリーズの最新巻です。

このところ相変わらずの日常の謎を解くパターンの短編集です。猫丸先輩の長編も久しぶりに読んでみたいなぁ。

猫丸先輩は、こんな名探偵(?)です。
『本名は不明だし、年齢も不詳。大学を出て10年ぐらい経っている八木くんが「先輩」と呼ぶところから、それより上と思われますが、外見は、仔猫みたいなまん丸い目が特徴の中学生にも見える童顔。背が低いことを気にしているらしい。アルバイトで生計をたてているらしい。

最近は、日常の謎を解きながら、人助け(?)もしたりします。』

まぁ、内容は猫丸先輩の名推理ならぬ名推測が冴えるもので、日常の謎物が好きな人は読んで損はないでしょう。もう少し、どたばたに徹してもいいかも。

このシリーズのもう一つの特徴は、タイトルがパロディになっていること。

藍麦なりに推測します。

・「水のそとの何か」
 →「水のなかの何か」シャーロット・マクラウド
・「とむらい自動車」
 →「とむらい機関車」大阪圭吉
・「子ねこを救え」
 →??韓国映画??
・「な、なつのこ」
 →「ななつのこ」加納朋子
・「魚か肉か食い物」
 →「煙か土か食い物」 舞城 王太郎
・「夜の猫丸」
 →「夜の蝉」北村薫??

「子ねこを救え」がしっくりこないなぁ。

ミントさん描いてみよう「2万Hits記念!」

Vdl_r34i あららら、2万Hitsといいながら、もうすぐ2万5千ですがな。[E:ribbon]

ということで、恒例のミントさんお祝いをしてみました。
あまり自分で構図から起こす余裕がないので、例によって、元絵の真似画ですが。[E:shock]

3万のときには、余裕を持って、何か挑戦してみたいですね。[E:smile]

エレメンタルジェレイド「煌珠楽園」

Iojlc3k9 エレメンタルジェレイド「煌珠楽園(エディルガーデン)」です。

満を持してのタイトルですか。全26話とすると、来週、再来週の2話です。来週が「混乱の礼讃謳(カオスクワイア)」とすると、最終回は何だろう?核石(エレメンタルジェレイド)、守護翼(アークエイル)は使ったしね。[E:smile]


今週は、先週よりも作画はましでした。ただ、最後のシーンのところが、乱れていたのが残念。[E:sad] でも予告編を見ると、来週はきれいなようですね。[E:smile]

で、あらすじはこんな感じ。
オーファスの「戦いを終わらせる」という言葉に誘われて、ついにエディルガーデンレンに来たレン。レンは、オーファスの言われるまま、イヴに変わってエディルレイドの女王の玉座に座った。

一方、レンたちを追うクーローエンキーアは、たどり着いたエディルガーデンの荒廃ぶりに驚く。イヴの力が衰えたからであった。レンを探すクーは、その街でそのイヴに出会った。

その間にレンを女王にする準備を整えたオーファスは、レンのプレジャーであるクーを殺すことで完全に女王にし、世界をエディルレイドのものにしようとする。

オーファスたちの罠に嵌まり、ローエンとキーアは絶対絶命のピンチに陥る。それを救った(?)のはシスカ先輩であった。

しかし、クーはリアクトしたオーファスたちに捕まってしまう。そして、オーファスの一撃がクーを襲った...』

先週の時点で、今週は、オーファスとクーたちの戦いになり、クーが負けるということは分かっていましたので、この展開にはあまり驚きませんでした。

藍麦は、ポイントは三つぐらいかなと思って見ていました。

1.レンとイヴは、どう出会うのか?
もう残りが少ないので、アークエイルの内紛やグラディアスが中途半端だったように、イヴが死んで終わりにするのかと思ったのですが、イヴはまだ使う気があるようですね。
すっと席を譲るのは面白い演出だと思いました。

2.シスカ先輩はどう登場するのか?
やられました。まさかあそこでロケットブースターで飛んでくるとは。「死ぬかと思いました」って、死なないなんて、さすがシスカ先輩。[E:smile]キンバルトは、最後にクーが戻るところになるのでせうか?

3.エディルガーデンの描き方
エディルガーデンは、エディルレイドが生まれてくる場所だったのですね。会話の中にするっと出てきたので、聞き逃すところでした。ということは、レンがこのままエディルガーデンに残らないと、エディルレイドが滅びるということですね。

と、まぁ本当は、クーの心配をしないといけないのでしょうが、残り2話もあるので、きっとイヴの力か何かで助かるのだろうと思っちゃっています。[E:shock]

交響詩篇エウレカセブン「ランナウェイ」

E 交響詩篇エウレカセブン「ランナウェイ」です。

ランナウェイってタイトルの曲はたくさんありますが、藍麦的にはボン・ジョビィですね。

続きを読む

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「ミーア」

H8evmr8h 機動戦士ガンダムSEED DESTINY「ミーア」です。

しかし、この後に及んで総集編ですか。機動戦士ガンダムSEED DESTINYスタッフに聞いてみたい。「君たち視聴者をなめているかバカにしていないか?」って。ラクスも悲しんでいるぞ。

サンライズは、この総集編の多さに対してどうコメントしているのだろう?誰か知りませんか?アニメ雑誌も御神輿記事ばっかり書かずに、きちんと批判しろよな。

ということで、藍麦はきちんと謝ります。[E:shock]
先週は、きっとミーアが生きているなぁーんて書きましたが、死んでましたね。
うちには、藍麦より濃いガンオタが二人もいるので、その言葉を信じてしまいました。[E:wink]

あらすじはこんな感じ。
デュランダル議長は、ディステニープランの導入実行を宣言するのであった』

しかし、あちこちで書かれていますが、あの池田さんをもってしても、どうにも説得力のない演説だった。[E:sad]

何が問題かっていうと、ディステニープラン自体の具体性に欠けるから、聞いているものたちが理解できないであろうということですね。恐らく視聴者も漠然と遺伝子操作なのかって思っているかとは思いますが、それ以外にも子供の体内選別や、人類総人工授精化など色々いけない案はありますよね。説明しろよな。

今までテレビを見ていて内情を知っている視聴者でその程度ですから、いきなり聞いた人たちは、何が何やらさっパリだったはず。それなのに彼らは何に驚いていたんだ?[E:coldsweats02]

まぁ、来週は置き去りにされていた虎の人も出てくるぐらいだから、動きがあると信じてって、いうかあと3回?[E:sad]

ケロロ軍曹 第75話

「ケロロ軍曹 第75話」あります。

今週は、1本ということで、
「桃華 覚醒!三番目の桃華 であります」
です。



藍麦は、ケロロ軍曹では桃華一押しなので、今日の話はOKです。[E:smile]

しかし、池澤春菜さんってすごいですね。以前から二重人格役が多いそうですが、三重人格ですもんね。しかも、ハム太郎のロコちゃんやとらハムちゃん、プリキュアではポルン役もやったりしてますからね。声の引き出しが多い。[E:smile]

まぁ、内容的には、お子さま向け展開になってから、毒もひねりもない話が多くなっているので、1本ずどんの回は結構薄くて苦しいですね。[E:sad]

パロディも少なめだったと思うのですが、自重しているのかなぁ。冬樹の最初の模擬試験のところなんて、ネタ的にいくらでもパロディにできる場面だったと思うのだけれど。

もうずっと恒常的になっているガンダム台詞ネタを除くとこんなとこかなぁ?


意味のない桃華のZシャアコスプレ
ドロロの白影凧登場
・次回予告の「電車男」ネタ


ってことでどうっすか?

記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ