藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

第72回 日本ダービー(その2)

第72回 日本ダービーは、もっぱらの予想通り(73.4%の支持率)にディープインパクトの圧勝でしたね。まさに、怪物級ですな。[E:smile]
あんな、大外をぶん回してぶっ千切ってしまうなんて、ナリタブライアン以来じゃないかな。上がり33.4秒は、二番目に早いニシノドコマデモの34.4秒より1秒も早い!しかも、あの入れ込みで。あとは、足が無事であることを祈るだけですな。

うちの子(ローゼンクロイツくんとダンツキッチョウくん)は、4コーナーでもう怪しかったけれど、レース自体は、どの馬も力を出してディープインパクトを負かしに行った非常にいいものでした。まぁ、若い馬たちなので、直線でちょっとごちゃついたのは、タイムも早かったのでお釣りがない状態でしょうから、仕方ないですが。特に、インティライミの佐藤哲が採ったタップダンスシチー戦法には、一瞬おっと思わされました。

しかし、13万人ですか。これで、競馬人気復活!となればいいですが。安田記念は、世界的な豪華メンバーだし。
(ただし、フラッシュ炊いて写真とるのと、騒ぐのはどうにかしてほしい。)

交響詩篇エウレカセブン「アブソリュート・デフィート」

Sljey9v7 交響詩篇エウレカセブン「アブソリュート・デフィート」です。

塔州連邦軍が謎の敵に襲われて、いよいよ、ストーリーが動きだす雰囲気です。
塔州連邦軍の「三賢人(賢人会議?)」が出てきたり、「デューイ中佐」というオープニングにも出ている人物が出てきたりして、これからが楽しみです。[E:smile]
あと、最後にホランドが「金枝篇」というオープニングにも出ている本を持っている絵がありました。オープニングにエバ風にカットインされるこのような絵が、謎として本筋に絡んできそうです。金枝篇が金詩篇で、交響詩篇なのでしょうか。「アゲハ構想」もまるで「人類補完計画」のようです。(^_^;

今回のストーリーは、月光号の今まであまり出てきていないメンバーの紹介というか、レントンが月光号に溶け込む話でした。レントンといいながら、視聴者を月光号のクルーにしているわけですね。日常から徐々に本筋を交えてくる辺りのバランスがひじょーにうまいですね。考えられた脚本です。マンガとどちらが原作かは知りませんが、結構先まで設定ができているのでしょう。
楽しみにしています。

第72回 日本ダービー

いよいよ日本ダービーっす。
いや〜、わくわくしますね。[E:smile]

特に今年は、ペーパーオーナーとなっている馬が2頭も出走するので、力が入ります。しかも、結構人気しそうだし(化け物が一頭いますが)。ペーパーでこれだから、本当の馬主になったならどうなるんでしょうか。
んで、予想しておきますが、当然うちの子ローゼンクロイツくんとダンツキッチョウくんを応援します。

◎ ディープインパクト
○ ローゼンクロイツ
△ ダンツキッチョウ
× ブレーヴハート

大本命がいるので、印は絞ります。
ディープインパクトを絡めるとうまみがないので、ブレーヴハートを除いた3連単をボックスで。
どちらかというと、ローゼンクロイツくんが5番手ぐらいにつけられたときに期待が持てるかなと思ってます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「ステラ」

2ckolcmi 機動戦士ガンダムSEED DESTINY「ステラ」です。

ひょーろんの前に、この写真は、東京の東急電鉄が限定?で売り出しているZガンダムのパスネット(プリペイド)カードです。明日にも使っちゃうんですけれどね。


で、以下ネタばれ。


さて、「あれには、ステラが乗っているんだぞー」ですか。ネオとシンは、どうやって会話したのでしょうか。(^_^;

それは置いておくとして、今回はステラの死とシンの悲しみがメインで、きっと次週からはそれがフリーダム憎しに向かっていくのだと思うのですが、シンの悲しみに全然共感できないのはなぜ?ステラが死んで可哀相とは少し思うのですが。そもそも、なぜシンがそこまでステラに思い入れるかっていう部分の描写が、底が浅く思えるからかなぁ。

あと、結局ネオは何をどうしたかったのでしょうか?ステラの行動はそれなりに理由が付くとしても(精神操作って安易で嫌いですが)、ネオが何がしたかったのか、ステラたちをどう思っていたのかわかりません。次週から、ネオとラミアスというまたまた枝葉の話がでてきそうですから、そこで解明されるのかなぁ。

余談。ムラサメ大活躍はいいとして、カガリは何してたの?[E:shock]あんた邪魔っていう人が近くに...
で、そのムラサメにやられたスティングの立場って...[E:sad]

カラオケで歌いたいアニメソング

先日BS2で「アニメ主題歌大全集」をやっていました。結構オリジナルの歌手が歌っていて、それなりに楽しめました。まぁ、新しくっても「ポケモン」とか「エバンゲリオン」だったのが、さすが国営放送って感じですが。[E:smile]
で、翌日には家族でカラオケへ。アニメソングを歌いまくったのでした。♪

続きを読む

エレメンタルジェレイド「戦慄の煌珠狩者」

エレメンタルジェレイド「戦慄の煌珠狩者」です。

ヴォル君とチルル登場ですが、いやにあっさりしてましたね。先週のグレイアーツの回にも思ったんだけれど、原作も少ないんだから2話ずつ使ってもいいんじゃないかなぁ。グレイアーツ君、原作だともっとかっこいいのに、おしい。
でもまぁ、ヴォル君とチルルは、オープニングでの扱いからしてまた出て来そうだからいいのかな。声優も手塚いや置鮎さんだし。(^_^;

で、今回のお話しは、原作では目立たなかったセレナを主人公にした話。エディルレイドに流れる時間がゆっくりのため起きる悲劇で、ありがちだけれどなかなか良くできていました。でも、本当は、温泉の話のはずなんだけれど。(まだいうか)[E:shock]

あと、シスカ先輩が自分の仕事に疑問を持つという回でもありました。この設定がこの後でも使われるかは疑問ですが。でも、本当は、もっとシスカ先輩大活躍のはずなのに〜。主人公を週に一度は同契させて、活躍させたいのはわかるけどねぇ。[E:wink]

で、次回はラサティメイドさんリィリアの話ですか。眼鏡っ娘フィロも出るのかな。

交響詩篇エウレカセブン「チャイルドフット」

交響詩篇エウレカセブン「チャイルドフット」です。

ところで、某国営テレビのBS放送でアニメソングの特集をしてました。そこで、エバンゲリオンのオープニングを高橋洋子本人が歌っていましたが、そのバックで懐かしのオープニング映像が流れていました。(某奥さんはカヲルくんが映ったと仰っていましたが(^_^;)
やっぱり、オープニングが似ていると思いませんか?真似しているというわけではないのですが、音楽にのせたカットとかが似ている気がします。

で、今回は、子供たちの紹介と、敵(?)の登場ってところですね。何気ない日常のエピソードに絡めて説明するところがうまいですね。でもそろそろ飽きてきました。そろそろ、ストーリーを進めてください。(^_^;

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「明けない夜」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「明けない夜」です。

まぁ、なんといいますか予想通りデストロイガンダムのパイロットはステラだったわけだったりするのですが、でデストロイガンダムで何をしたかったりするのかがイマイチ分かんないのですが。彼らは無差別破壊行動をしても問題ないのでしょうかね?

相変わらず、何のための戦争やら明確になりません。いえ、目的は分かるのですが、それを実現するために何をしようとしているのか。テロリストの破壊活動でももう少し目的がはっきりとしている気がします(目的意識がはっきりしていれば何をしてもいいというわけではありません)。

ガンプラなど子供におもちゃを売る会社がスポンサーの番組で、こんなことやっていていいのかと思ってしまいます。

で、来週はいよいよフリーダムとの激突ですか。(^_^;
ますます、愛憎入り乱れる展開ですか。好き嫌いで戦争するんぢゃないよと誰か言ってやって〜。やっぱ、アスランくんの役割りでしょう。

ミントさんを描いてみよう第4回

Rhl6y9tu 「第4回 レイヤの考え方」です。

CGの特徴として、レイヤが簡単に使えることがあります。「レイヤって何?」ってことですが、アニメの作り方を知っている人なら、セル画を思い浮かべてもらうと分かりやすいです。つまり、透明な板に主線を描いて色を裏から塗ったり、別の紙に描いて重ねたりするあれです。
その1枚1枚の透明なセル(紙)が「レイヤ」なのです。(図では透明ではないですが、許して〜(^_^;)

レイヤを使うメリットとして、
(1)線を消さずに色を塗れるので、色塗りがしやすい
(2)失敗が他に影響しないのでやり直しがしやすい
などがあげられます。

ぜひレイヤを使ってみてください。

エレメンタルジェレイド「併唱謳への決意」

Qlp2wtnj ああぁぁぁ。エレメンタルジェレイドです。
シスカ先輩をマウス一発で書きなぐってみました。

んで、原作のこの回の話、好きなのにナァ。なんでこんなにつまんなくなっちゃうんだろう。船が飛行艇になったから?いやいや、やっぱりテンポが悪いのでしょう。絵がイマイチなのはあきらめますが、もう少しどうにかならないかなぁ。動かない原作の方が動きがあるのは問題だぞ〜。まぁ、この時間なので血が飛び散ったり、腕がXXXたりするわけにはいかないでしょうが。

次回は、ヴォル君とチルルの回ですか。多分人気があるだろう、オープニングにも出ているメンバーなので、力入れてくれているだろうなァ。と期待していまっせ。
シスカ先輩大活躍のはずだし、あと温泉もあるはずだし。(^_^;

交響詩篇エウレカセブン「ビビット・ビット」 

Rm7ojhwo 交響詩篇エウレカセブンです。
書きなぐりエウレカを描いてみました。

今回もGEKKOSTATEの紹介というか、人物関係の整理っぽい回でした。今週はタルホさん紹介編ですね。まぁ在り来たりのストーリーですが、レントンを中心にうまく処理されています。面白くは見れます。
あと、今回重要なのは、恐らくLFOの地上戦を見せることだったと思います。おもちゃ展開するならばさらに重要ですね。(するのかなぁ)
LFOの地上戦ではオープニングに見られるようなグルグル感がないですが、ボトムズ(古っ!)っぽい滑走がスピード感を出しています。しかし、ヤッぱ、LFOがエバに見える...[E:shock]口裂きだし。(いや口裂きをしているわけではありませんが)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「刹那の夢」 

一応テーマとやらが見えてきた気がする機動戦士ガンダムSEED DESTINYです。

今週は先々週からの続きですが、先々週のドンパチに絡めなかったステラの話でした。まぁ恐らくそうするのだろうなと皆が思っていた通りの行動をシンがしてくれて、これで後半に向けて準備万端といったところですか。

しかし、何も考えずに行動するシンは、どんどん悪役化してますなぁ。一応主人公だろうに。少しは悩みなさいよ君(笑)。すっかり、シンは狂言回しの役ですな。
それに対して、アスランくんは悩み過ぎでだめだめですな。シンにまで指摘されて。[E:shock]レイの方が目立ってますよ〜。

ところで、前にフリーダム強すぎで、フリーダムが全部やっつけちゃえばうんぬんと書きましたが、一応キラも意識していたのですね。「どちらを討っても戦争は終わらない」って言ってましたか。ぢゃ、君は何のためにたたかってるんだぁというと、カガリのためですかい。それもおかしいんじゃない?

さて、予告編によると次週はいよいよデストロイガンダムの登場ですか?誰が騎乗するのかな?でも「なぎ払えデストロイっ」てあんたいいのかそんなこと言って。

交響詩篇エウレカセブン「ウォーターメロン」 

かなり評判よさげなエウレカセブンです。
我が家では、怪傑ゾロリの裏番組なのでリアルタイムでは見せてもらえないんですよね。

で、今週は一休みして世界観の補足っていう感じでした。でも絵は相変わらずきれいだし、来週はストーリーも動くようなので、まだ期待十分でしょう。

ところで、「セブン」って何を意味しているのだろう。[E:smile]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「FATES」

ゴールデンウィークで飛んでしまいました。で、ゴールデンウィークを利用して、日本橋のガンダムショップに行ってきました。
やっぱり先週で、主な機種をぜーんぶ壊しちゃったので、ガンプラみんな投げ売り状態でした。
きっと、オープニングやエンディングに出てくる新機種(笑)に入れ換えるのでしょう。うちの二年生の調査によりますと、オープニングで出るでっかいのがデストロイガンダム(きっとステラ騎乗)、それに向かうのがスーパーフリーダムガンダムデスティニーガンダムだそうです。そうだとストーリーが読めますね。
んで、アスランくんのナイトジャスティスガンダム(インフィニットジャスティスガンダムという噂もある)とか、ムラサメタイガーIIとか。あとレイがプロビデンスに乗るとか。それより、黒い三連星はどうするの?(笑)

前置きが長くなりましたが、「FATE」?宿命ですか?
総集編という噂が多かったですが、ちと違いましたね。どちらかというとストーリーが進まないので、情報を並べて補いましたって感じですか。どうもオープニングといい、ネオ・ロアーク氏は行方不明のフラガだよ〜んと言いたいのかって感じですね。某知人が萌えていたレイちゃんバレルの幼児期といい、ますます主人公の影を薄くするつもりかと言いたくなってしまう。
[E:shock]

ミントさんを描いてみよう第3回

4epclg9t 「第3回 取り込んだ下絵の修正」っす

スキャナで取り込んだ絵には、ゴミがあります。ゴミがあるときれいに色がつけられなかったり、思うように色が塗れなかったりするので、ゴミを飛ばします。

サンプルは、スキャナではなくデジカメで取り込んだので、紙の白が白ではなく取り込まれています。

ゴミを飛ばす方法は、こんなふうに黒以外で取り込まれていれば、閉領域を指定を指定して塗りつぶすのが簡単です。でも、白黒2値で取り込んだときには、黒は領域の色と認識されてしまいますので、地道に消すしかありません。

さて、消すときには、白色を使う方法と消しゴムを使う方法があります。見た目は同じですが、このあとで影響がでます。どちらかに統一しませう。消しゴムを使うことをお勧めしておきます。

次は、「レイヤの考え方」です。

エレメンタルジェレイド「光と闇の核石」

誰も書いていないようなので、エレメンタルジェレイドです。(笑)

しかし、すでに第4話ですが、やっぱり絵が安定しませんね。アニメーション制作は、XEBECですね。私の中では、XEBECといえば「宇宙のステルビア」なんですが、ステルビア自体もできのいい回と悪い回で極端でしたからねぇ。

しかも、原作の風の話がまるっきり飛んでますね。あの風と風車のエピソードをなくしちゃ余韻も何もあったもんじゃない。[E:shock]

あと原作との違いといえば、お色気がないところですか。(T_T)本来なら次回の温泉シーンはどうするのだろう。主人公のシスカ(違)も弱すぎるし。

ミントさんを描いてみよう第2回

Iun5gg52 第2回 下絵を取り込もう!

素人でもCGを楽しもうということで、楽をして書くということを目指したいと思います。
(1)下絵を書くときのポイント1
まず、下絵を書きます。下絵を書くときにはなるべく白い紙濃いペンではっきりと書きます。このコントラストをはっきりさせることが、下絵の取り込み易さやゴミの取り込みを減らします。

(2)下絵を書くときのポイント2
下絵を書くときには、色を塗ることを想定して線を引きます。鉛筆などで下絵の下絵(ややこしい[E:shock])を描いて、その後線を引くならば、色を塗る境界をはっきりさせます。はっきりさせるというのは、同じ色で塗る部分の境界を閉領域にするのです。
例えばこの図の赤丸の中の髪の毛ですが、漫画などで勢いをつけて線を引くと、髪の毛の先に隙間ができたりします。するとパソコンでは境界を認識できなくなります。なので、赤丸のように先がつながるようにします。
まぁ取り込んだあとでも修正はできます。

(3)スキャナで取り込む
できた下絵をスキャナで取り込みます。取り込みは、白黒の2値で取り込みます。そうすることで、ゴミの取り込みが減ります。ゴミの取り込みについては、次回詳しくやります。

次は、「取り込んだ下絵の修正」です。

「編集者を殺せ」レックス・スタウト

見つけられないんですよ〜。

「編集者を殺せ」レックス・スタウト−早川ポケットミステリ

ネロ・ウルフシリーズの多分第14番目長編。もう出来/不出来なんて関係なく読みたい!ネロ・ウルフシリーズって日本では虐げられていて、半分も本になっていない。以前はEQMM(エラリー・クイーンズ・ミステリー・マガジン)に翻訳が載っていたりしたんだけれど、EQMMが休刊になっちゃったからなぁ。そのためか、早川ポケットミステリで一昨年ぐらいから発行してくれるようになったんだけれど、ポケミス自体売っている店少ないからなぁ。10軒近く探してないということは、お取り寄せかなぁ。

ミントさんを描いてみよう第1回

D4qmv1sw ということで、CGでミントさんを描こうという不定期連載です。(^^ゞ このために、ちょっと真剣に元画を見ながらギャラクシーエンジェルミントさんを描いてみました。今までのより良くなっていると思いますが、いかがでしょうかぁ。

藍麦は、以前(かなり前(T_T))ドット絵を描いてはいましたが、CGとは無縁でした。で、この春から思い立って書き始めたわけなので、ほとんど素人です。ですから、素人でもこんぐらいできるんやなって感じで読んでください。まぁ、基本は『うまくなくても楽しもう!』です。

ということで、今回はこうタイトルしました。

第1回 準備をしよう

藍麦はCGツールとして、「pixia」を使うことにしました。なんといってもフリーですし、Vectorなどのダウンロードサイトでも常に上位の人気なので選びました。人気があるということは解説もあるということで、調べ物の楽だろうということです。
また、以前からやってみたかったレイヤの機能が豊富で使い易そうで、色塗り機能もそこそこだったので決めました。

<参考>
pixiaホームページ
vectorホームページ

あと、パソコンは本格的にやるのでなければ、それなりのもので十分だと思います。藍麦は、Celeron500Mhzでやってます。メモリは、256にしてますが。
あとは、スキャナかPENタブレットがあるといいですね。やはりマウスでは難しいので、上手にかけませんから。上手にかけないと楽しくないので、なかなか続きません。

ということで、次回は「下絵を取り込もう!」です。

交響詩篇エウレカセブン「ブルースカイ・フィッシュ」

この春の目玉番組、交響詩篇エウレカセブンです。
ハガレンで今波に乗ってる感じのボンズ制作だから期待できそうです。ただ、少年A連載だからなぁ。(意味不明)
で、見んとあかんって思ってたんですが、見事に第一回を見逃しました。[E:shock]あぁ。

でもそんなあなたも大丈夫っていうように最近はなってるんですなぁ。毎日放送でナビゲーション再放送(直前に前回の内容を確認するための再放送)してくれるし、有線ブロードバンドでは無料配信(期間限定、1、2話だけかなぁ)してくれるし。ということで、1話はUSENで見ておきました。メアドの登録で試聴できます。画質もきれい。この第1回を見ておかないと世界感がつかみにくいので、見ておいた方がいいっす。

前置きが長くなりましたが、内容です。まだ、2回目なのでわかりませんが、いいですね。まず絵が良く動くし質もいい。さすがボンズ。しかも、LFO(詳細は交響詩篇エウレカセブンHP参照。ただし、横1024以上でないと正しく表示されません)での空中滑走の動きが斬新でいいです。モンキーターンのオープニングにも似たスピード感でしょうか。ストーリーは、王道っぽい作りで好感が持てます。少年の成長物語という在り来りなテーマを追うようですが、同じ14歳でも雑誌が同じ少年Aの某作品と違い、主人公がお姉さんに語りかけるという北の国から手法でうまく処理しています。第2回は旅立ち前ということでこれから本編でしょう。登場人物も多そうだし、今のうちにチェックしよう![E:sun]でも、LFOの起動がエバに見えてしまうのは私だけ?[E:sweat01][E:sweat01]

んで、もひとつポイントはエンディングが、エンディングの魔術師(藍麦命名)鈴木典光だってこと。CCさくらや、ギャラクシーエンジェル(ミントさん!)、ハガレンのエンディング(ウィンリィ!)で絶賛されたセンスを発揮しています。あの、エンディングでカメラ長回しでのアップの使い方はすごいッッッす。
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ