藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「雷鳴の闇」  

Fqduxktv 機動戦士ガンダムSEED DESTINY「雷鳴の闇」 です。

物語も山場に向かって、テンポが上がってきましたね。最初からこうだったなら、ここまであっちこっちで叩かれなかっただろうに。(^_^; でもまだ無駄が多い気がする。まぁ最近の人気アニメやマンガに共通する現象ですが。藍麦は、「ドラゴンボール現象」とか「ドカベン」現象と読んでいます。

さて、今回はアスランくん脱走の続きですね。本来なら先週と今週で1話で十分だと思いますが、まぁ新機種出撃ですから許しましょう。

アスランくんシンレイとまたわけの分からない回線で会話します。シンってば、アスランくんの言うことなら簡単に動揺するんですね。シンの気づきへの布石という気もしますが、キラとの再戦をしないといけないはずなので、そうは簡単にいかんでしょう。

で、赤種割れシンがアスランを撃つわけですが、また細切れ状態ですか。アスランくん悲惨です。[E:shock]
んでもって、またまたコックピットそば串刺しでの爆発ですか。同じパターンを何度使えば気が済むのでしょうか。しかも、なぜかほとんど無傷で助かる。モビルスーツの動力源は核ですよ!

それは置いておいて、シンのキレっぷりはいいですね。相変わらず、すべてが他人のせいですし。(^_^; あのキレっぷりがあるから、本来ならわざとらしいルナマリアとのシーンが挿入できているのでしょう。キレてなけりゃ自分が殺した(と思っている)人の姉を慰められないでしょう。あ、自分自身を慰めているのか。[E:wink]

さて、来週は、大きく話が動くはずですが、どうもアークエンジェルは、オーブを守るためだけに活動している状態になってきていますね。なんだ、一番自分勝手じゃん![E:wink]

あと、デュランダル議長を信用していないようなタリア艦長の行動が気になります。[E:smile]

エレメンタルジェレイド「守護翼」

0kthsaup エレメンタルジェレイド「守護翼」です。

話が結構大きく動いたように見えて、実はあまり動いていないですね。とりあえずアークエイルがどうもレンクウの味方ではないということが確定しましたね。シスカ先輩がこれからどうするかが見物です。

今週は重要人物と思われるイヴが登場しました。どうして重要かというと、最初からオープニングに出ていたのですね。(画像参照) てっきり、レンだと思っていました。(^_^;

ところで、説明のないままにどんどん登場人物が増えていきます。原作は激しくキャラが立っていますが、テレビだとキャラ萌えする間もないので、その辺りが物足りないのかも。(絵が動かないのが一番だろうけれど)

あと、マイナって狙撃兵(そうだよね?)が出てきましたが、これって原作の特別編でシスカ先輩のライバルだった、シスカ先輩とタメはるかなりいい性格の娘ですよね。原作と全然違うんですけど〜。[E:shock]薬品使うのは問題あったのかな?

あ、来週はヴォル君が予想通り再登場ですね。レンがいないので、シスカ先輩との戦いになりそうで楽しみです。

交響詩篇エウレカセブン「イントゥー・ザ・ネイチャー」

交響詩篇エウレカセブン「イントゥー・ザ・ネイチャー」です。

今週から、ストーリー本格始動!絵的には、飛びぬけてクオリティの高い回でもありませんが、十分インパクトがありました。あら筋は、公式サイトに任せるとして。

気になる点をいくつか。
1.ドミニクくんの制服はどうして変わったの?
  ドミニクくんが艦長?に仕返ししているのがほほえましくてよいなぁ[E:smile]
2.アネモネに注入される赤い液体と、LFOが壊れる時に流す液体の関係は?(血?)
3.コーラリアンとは、先住民のこと?
  ニルバーシュ、THE ENDとの関係は?
4.なぜタルホさんは、あげに機嫌が悪いのか。

でもまあ、あの目とアネモネの叫びは怖かったっす。怪傑ゾロリがゴルフで流れたので、たまたま見ていたよい子達は怖くて引いてしまったことしょう。[E:shock]
ところで、「おいしそうって」どういう意味?そのままですか・・・ねえさん

次回は、サルベージ計画ゾーンでの精神世界からの脱出ですか。一度エバとの比較をまとめた方がよさそう。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「アスラン脱走」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「アスラン脱走」です。

いやぁ、人のパソコンは使いにくい。ローマ字入力しないといけないし。やっぱ親指シフト入力でないと。

閑話休題

今週は、アスランくんの回かとおもったら、前半はデュランダル議長レイちゃんバレルくんの回でした。ああ、「ギル」連発で、ある一部の婦女子(丁寧語)が喜びそう。[E:shock]

でも議長のありがたい訓示と回想シーンでつながれているので、本来なら議長とシンとアスランと新機体でどきどきシーンのはずなのですが、そこまで期待値があがりません。でもまぁ、話は進んでいるようなので、今までよりはましですね。

後半は、ようやくアスランくんの脱走という本来のテーマに戻ります。

進みもいつもよりは悪くないんだけれど、余計と思われるシーンが多すぎる。メイリンのシャワーとか、車のすれ違いとか。でも、メイリンの部屋で、簡単に足を取られる戦士アスランくん。まだ、勘が戻っていない様子。それでシンとレイちゃんを相手にできるかな?[E:wink]

今日の話ならば、せめてアスランとレイ、シンが対峙するところまで持ってきて引かないといけないでせう。中身が薄いと言われてしまいますよ。[E:sad]

交響詩篇エウレカセブン コミック第1巻

交響詩篇エウレカセブン コミック第1巻です。

通常版コミックは7月26日発売のようですが、限定版は最近の角川戦略通り1ヶ月前の発売です。

マンガは、アニメの1〜7話までの話です。
特にアニメに出て来ない話が出てくるわけではなく、普通のアニメのマンガ化本ってところです。キーとなるセリフはそのまま出ているようなので、聞き取れなかったセリフ確認にはいいでしょう。デューイ中佐の「彼らは進化などころか目覚めてもいない。彼らコーラリアンはね・・・。」とかね(アニメでは、少し違ったようですが)。

限定版特典は、アニメ第一話入りDVDですが、USENで無料ダウンロードできるのでありがたみは薄いですね。[E:wink]

DVDに入っているのは、この第一話の他にアニメとゲームのプロモーション映像です。
アニメのプロモーションは、第一話の映像を使ったものなので特にありがたみはありません。
ゲームのプロモーションでは、アニメとゲーム、小説などが世界を補完し合うと言っていました。となると、アニメに散りばめてくれた伏線(謎)が、アニメだけでクリアされるか気になるところです。[E:shock]

あと、本編のマンガには、ボーナストラックとして予告編マンガなどが付いています。

まぁ、1ヶ月待つかどうか迷う人には、お買い得かもしれませんが、期待して買うほどのことはないと思います。

エレメンタルジェレイド「自由への疾走」

エレメンタルジェレイド「自由への疾走」です。

もう、なんだか原作とは別のストーリー展開になっていますね。そもそも飛行石飛翔石なんて設定は原作にないですし、世界観自体から違うようですね。

例えば、『鋼の錬金術師』も、原作を違う順番で組み換えてストーリーも変えてしかも高クオリティという希有な例でしたが、エレメンタルジェレイドはどうなるのでしょうか。原作はストーリー展開が遅いので、この先どうなるのか分からないので比較が難しいところです。

さて、サブタイトルは「自由への疾走」でしたが、全然疾走していませんでした。単にやっつけただけですね。とりあえずエディルレイド完全保護協会(アークエイル)が味方ではなさそうというのがわかってきたという感じです。アークエイルと対立するグループがもう一つあり、その姿も見えてきましたが、次週がその対立構造が明確になりそうな重要な回のようです。[E:smile]

しかし、どうしてあの銃弾の雨で立っていて一発もかすらないんだァ?[E:shock]

交響詩篇エウレカセブン「ハイアー・ザン・ザ・サン」

交響詩篇エウレカセブン「ハイアー・ザン・ザ・サン」です。

タイトルは、「太陽より高く」ってところですか?どこかの曲にあった気がする。やっぱ、サブタイトルって洋楽から取っているんじゃないかなぁ。

ってことで、『弾道飛行』です。空中でロケット発進体制を取って弾丸発進していましたが、航空力学的にあの方式ってあり得るのですか?[E:smile]バカなので誰か教えて。でも、月光号かっこいいっすなぁ。どれだけでかいのかはわかりませんが、燃費悪そうです。

閑話休題

今週から、完全にメインストリームの流れかと思いきや、ホランドタルホさんの過去(軍人時代)の話でした。先週のエウレカ編とのセットですね。
状況が分からないまま逃避行を見せられてもいま一つ感情移入ができませんが、彼らはなぜ軍を抜けたのか、何を目指しているのか(いないのか)が今後キーとして明らかになっていくのでしょう。
しかし、エウレカの調子が悪そう。伏線ですね。

もう一つ相変わらず動きがトロイというかGAKKOSTATEを野放しにしていた塔州連邦軍ですが、デューイ中佐が復帰してやっと討伐に動くようですね。(でも相変わらず存在感の薄いアスランドミニクくんです。)
デューイ中佐ってきっと元ホランドたちの上司でょう?GAKKOSTATE叛乱の責任を取って幽閉されていたようだし。(しかしなぜ幽閉?)
やばげな(鼻血ブー[E:wink])登場をしたアネモネと関係がありそうだな。このアネモネが黒塗りに乗るのでしょうか?

次週は派手な展開がありそう。[E:smile]
あ、今週コミック出るみたいなので、買わなきゃ。[E:smile]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「混沌の先」

Tqyx2tcm 機動戦士ガンダムSEED DESTINY「混沌の先」です。

キラは、やっぱり生きていました。しかも、掠り傷。[E:shock]腹黒度全開っていう感じのデュランダル議長が好印象の今回の話でした。そうそう、カガリが初めて役にたった、記念すべき回でもありますね。(嘲笑)あとは、早くプラモデルを売りターイ、新機種登場の回ってところですか。

しかし、アスランくんは何をやっているんでしょうね。内面的にはともかく、建前上は(軍人的には)シンちゃんは全く正しい。たとえレイに利用されていても。殴っちゃいかんでしょう。いくらキラが好きだからって(爆)、それじゃ「ステラを殺されてキラを逆恨みしているシン」と全く同じだよ〜っ。[E:shock]ただ、雰囲気的にはタリア艦長だけは、アスランくん同様デュランダル議長に不信感を抱いているようですね。ほんとにアスランくんは何がしたくてザフトに戻ったのやら。

しかし、君たち「仮にも戦争しているのだから、個人的な恨みつらみだけ」で行動するのはいい加減にしてくださいな。ふんとに。(レイも恐らくデュランダル議長絡みでしょう)来週は、アスランくん脱走のようだし。

で、今回は不覚にも「相変わらずのイザークとそれに困っているディアッカ」に受けてしまいました。[E:shock]しかし、来週はまた不必要なお着替えシーンですか。なんか、サービスするところを勘違いしているぞ。>サンライズ
きちんと本編でサービスしなさい。[E:angry]

ケロロ軍曹 第63話

「ケロロ軍曹 第63話」あります。

「ケロロ 教師ゲロゲロ物語! 
             であります」


タイトルはもちろん「教師びんびん物語」のパロですね。(って、このアニメ見ている世代では知らない人が多いかも)
内容的には、最近のケロロに多くなっている(ネタ切れ?)ひねりのない話で、体裁上は「金八先生」のパロディネタです。あと、こういうパロディネタでは必ず入る「まいっちんぐマチコ先生」のまいっちんぐポーズが入っていました。でもどうせパロディネタやるなら、もっとひねるか、「好き好き魔女先生」ぐらい濃いのをやってくれないかなぁ。(歳バレ自爆[E:wink])

「ケロロ 再会、父よ 
          であります」


タイトルはもちろん、ファーストガンダム第13話のパロディです。って、分かるかい!普通。(ちなみに元ネタは「再会、母よ」だったと思います。違ったならごめん)[E:shock]
まぁ得意のガンダムネタがひねりもなく使われていたり(「一週間戦争」→「三週間戦争」(正確には、シャアが戦艦を5隻沈めたのは「ルウム戦役」)、「オデッチャの戦い」→「オデッサ作戦」、「黒っぽい三えいせい」→「黒井さん練成黒い三連星」)、東京駅から「銀河鉄道999」ではなく銀河鉄道東海道線が出てたりしますが、やっぱり見どころは、モアちゃんの黙示録1分の100でしょう。(ああ、分数を漢字で書くとイメージが違う[E:shock])モアちゃん最高![E:smile]

エレメンタルジェレイド「復讐の賭闘士」

Mkoq8f2o エレメンタルジェレイド「復讐の賭闘士」です。

しかし、なんとも絵が、ああ。最低というぐらいだめだめならば見なければいいのですが、まだ見れるというところが。

んで、今回はリィリア、ラサティシリーズの続き。ここまで引っ張るのならば、ヴォル君の回もっとやってくれればいいのに。しかし、リィリアの服の色があの色では、興ざめですなぁ。原作でも確か青だった気もしますが、やっぱ「メイドさんの服は黒色」でなくては。(自爆)

で、今週も眼鏡っ娘フィロは出てきませんでした。(;_;)オープニングにはしっかり出ているのに。[E:shock]

交響詩篇エウレカセブン「ペーパームーン・シャイン」

Aps8onx0 交響詩篇エウレカセブン「ペーパームーン・シャイン」です。

エウレカセブンのタイトルって、何かの曲の引用かなぁって思っているのですが、まだ解明できていません。知っている人教えて。オープニングのカットインも謎が多いし、まだまだ秘密がありそうです。

で、今週は、しばらく続いたGAKKO STATE紹介編の最後「エウレカ」編と、物語の本筋の開始という重要な回でした。

前回の書き込みで、エウレカセブンって、人の死ぬところに痛みがない的なことを書きましたが、今週はしっかりとその辺りをリカバっていました。というか、エウレカの過去を際立たせるためにわざとやっていたことが判明。あなどれないなぁ、ボンズ。[E:smile]

レントンが、エウレカに絡むことでエウレカの戦い方が変わっていく、いやきっとGAKKO STATE全体が変わっていきそうな予感がしますね。今まで容赦なくタタッ切っていた戦い方が、人を殺さずにマシンだけ落とすというキラ・ヤマトレントン的な戦い方になっていくのでしょうか。

ところで、今週ミルバーシュが自動起動しましたが、ますます某エバンゲリオンっぽくなっていますね。来週は色々話題になっている人がいよいよ登場のようですが、オープニングに最近追加された人でせうか?

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「悪夢」 

Xtrl6jj_ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY「悪夢」です。

デュランダル議長がやっと、腹黒い策略家というところを見せて、アークエンジェルとミネルバの激闘ですね。彼は、本当に策略家なおですよね?声優さんもシャア大佐池田秀一さんだし。

で、何が「悪夢」かっていうと難しいところですね。きっと、ラミアスさんにとっては、ミネルバが攻めてきたことが「悪夢」だし、シンにとっては、フリーダムを××して、「悪夢」から解放されるといったところでしょうか。で、アスランくんにとっては、キラとシンが戦うことが「悪夢」なんでしょうか、いや狂言回し的に使われるし、彼だけ特に絵が汚いところが「悪夢」なのでしょうかぁぁぁぁぁ。NTT東日本のフレッツのCMで怒っています。[E:wink]
あと、アークエンジェルにとっての一番の「悪夢」は、お荷物カガリを乗せていることでしょうか。[E:shock]

次週は、歌姫さまが出てくるようですが(先週の予告編にもでていた気が)、なんとなく無印SEEDと同じ展開のような気がするのは、藍麦だけ?きっとキラに新しいフリーダムをあげるんだよね。

でも、先週ぐらいからやっとテンポが良くなっていると思いますが、いかがでしょうか。きっとバンダイおもちゃスポンサーに早く新しいモビルスーツを出せって言われたのでしょうか?。[E:wink]

ケロロ軍曹 第62話

ケロロ軍曹
「桃華&夏美&モア 怪盗モアピーチサマー であります」

ん〜、久々に桃華パパことシャア大佐の声の人西澤梅雄の登場です。しかし、ケロロ軍曹は、本当に豪華な声優さんラインナップですなぁ。こだわりというか。ドロロのは、左手は添えるだけのために草尾 毅さんだし、クルル曹長に二枚目キャラ向けの子安 武人さんを使ってるし。
あ、話はキャッアイのパロディっぽいですが、特筆することもないかな。でも、最近妙に楽屋落ちというかパロディネタをやるアニメが多いですが、少し考えて欲しいなぁ。[E:wink]

「ケロロ 必勝!水中大決戦 であります」

きっと「ニョロロストリームアタック」をやりたかっただけのネタでしょう。[E:shock]

エレメンタルジェレイド「愛と欲望の賭闘場」

エレメンタルジェレイド「愛と欲望の賭闘場」です。何が愛と欲望かわかりませんが。[E:shock]愛はわかるのですがね。

それはさておき、シスカ先輩が完全保護協会に連絡を採って賭闘場を抑えにかかるのですが、原作の流れよりこの方がしっくりきますね。しかも、シスカ先輩の強欲もきちんとやってくれてるし。ただ、その辺りに時間を割いたため、リィリア、ラサティ姉妹の描き込みが足りない気がしますが。

本筋はきちんと抑えてくれているのですが、眼鏡っ娘フィロが出てきません。オープニングには大々的に出ているので登場するのは間違いなさそうですが、どのように絡めてくるのでしょうか。恐らくラサティなんかよりもキーになる人物のはずなので、気になるところです。

というコメントを書いていると、藍麦が石田彰クーなんてどうでもいいと思っているのがバレバレですね。[E:wink]

交響詩篇エウレカセブン「グロリアス・ブリリアンス」

交響詩篇エウレカセブン「グロリアス・ブリリアンス」です。

前半は、今までよりも作画の質が少し落ちる気がしましたが、後半では持ち直していたようなので、きっと次週も大丈夫でしょう。話的には、レントンがホランドたちと仕事を一緒にするようになるというきっかけでした。脚本的には、うまくこなしてあると思います。

ただ気になる点が。レントンが本格的に格闘に混ざって、敵というか軍と戦うようになるきっかけの話だと思うのですが、あまりにも何も疑問を持たずに敵を撃墜するんですよね。ホランドへの憧れが強いからそこまで意識が行っていないと言えばそうかもしれませんが、少しは恐怖感を持ってほしいなぁ。[E:sad]

次回は、戦争が描かれるみたいなので、その辺がクリアされるのでせうか。[E:smile]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「示される世界」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY「示される世界」です。

「示される世界」とは、デュランダル議長の演説のことでせうか?しかし演説がなくとも、こういう追求があることは当然で、それを想定していなかったとするとブルーコスモスは相当のXXですな。(笑)とくにロード・ジブリールくんのうろたえ方は笑えてしまいました。

それはともかく、デュランダル議長はまさか本気であの演説をしているわけではないでしょうから、オカシイと思い始めた雰囲気のあるアスランくんとの絡みが気になるところです。

次週は、ミネルバがアークエンジェルを撃ちに行くようですが、アークエンジェルの面子がデュランダル議長をどう見ているのかが気になるところです。

好きなアニメのオープニングは何?

この前、カラオケで歌いたいアニメソングベスト5を書きましたが、今日は少し切り口を変えて、好きなアニメオープニングベスト5を考えてみました。
アニメオープニングというと、やっぱり歌ですがそれだけではなくて、絵がどう絡むかというところが重要だと思っています。(当たり前(^_^;)
でも、好きなオープニング「曲」だとまた違うんだなぁ。

続きを読む

エレメンタルジェレイド「港町の秘密」

エレメンタルジェレイド「港町の秘密」です。

ところで、エレメンタルジェレイドの主題歌「Forever...」を歌っているのはsavage geniusという男女二人組ユニットです。このsavage geniusは、「うた∽かた」の主題歌とエンディングを歌っていて、藍麦はエンディングの「いつか溶ける涙」が好きだったのですが、今回のオープニングはいま一つ好きになれません。[E:sad]アレンジャーがハロプロ系の人になったためか、みょうにポップになっちゃってます。Aメロなんて、もろに林原めぐみだし。まぁ、アニメ系の歌手になるような気がするので、これもありという気もしますが。

で、本編ですが、うだうだと主題歌のことを書いているように、やっぱりいま一つ好きになれません。なんというか、ストーリーを原作と変えるのは、制作のXEBECの得意技のようなのでまぁ許しますが、格闘シーンに迫力がなさ過ぎです。同じXEBEC制作のロックマンエグゼやゾイドもそうなんだけれどスピード感に欠けるのですよね。あと、べたっとした背景や色指定もいま一つ好きくない。でも「宇宙のステルヴィア」の絵がきれいなときの話とかオープニングはすごく好きなので、全部が合わないわけでもないようですが。[E:shock]

今回から登場のカプコン少女ラサティの声優が緒方恵美だし、その他声優陣に力が入っているので、マッグガーデンの後押しもあって頑張れる体制なのだとは思うのですが、「ネギま!」の方にスタッフを取られているのでしょうか。まぁ、次回から格闘シーンのオンパレードのはずなので、お手並み拝見といきますか。[E:smile]

「編集者を殺せ」レックス・スタウト その2★★★☆☆

見つけましたよん。

「編集者を殺せ」レックス・スタウト−早川ポケットミステリ

スタウトの未訳の中では傑作ということでしたが、どうかなぁ。ネロ・ウルフシリーズが好きで読んできている人には、アーチーがかなり活躍?するので面白くは読めるけれど、初めてネロ・ウルフシリーズを読む人にはお勧めできないかな。結構あらが目立つし、特に動機。ウルフが活躍(いや元々事務所から出ないひっきーなので、行動的に活躍するわけではありませんが)しないし、推理も行き当たりばったりぽいし。

[E:rain]ここからネタばれ

推理の根拠になるタイプライターと宛て先の書き直しは、ウルフの推理披露まで全然事前に提示されていない事実なので、非常にアンフェアです。まぁ、ネロ・ウルフシリーズが、がちがちの本格かと言われると少し違いますが、ここまで露骨だといただけません。

ネタばれ終わり[E:sun]

でも、藍麦的には、ウルフ一家(やくざだな(^_^;)にあえたので、ほどほど満足です。もっと、未訳を紹介してほしいなぁ[E:smile]。お願いしますよ、早川さん。[E:heart]

第72回 日本ダービー(その2)

第72回 日本ダービーは、もっぱらの予想通り(73.4%の支持率)にディープインパクトの圧勝でしたね。まさに、怪物級ですな。[E:smile]
あんな、大外をぶん回してぶっ千切ってしまうなんて、ナリタブライアン以来じゃないかな。上がり33.4秒は、二番目に早いニシノドコマデモの34.4秒より1秒も早い!しかも、あの入れ込みで。あとは、足が無事であることを祈るだけですな。

うちの子(ローゼンクロイツくんとダンツキッチョウくん)は、4コーナーでもう怪しかったけれど、レース自体は、どの馬も力を出してディープインパクトを負かしに行った非常にいいものでした。まぁ、若い馬たちなので、直線でちょっとごちゃついたのは、タイムも早かったのでお釣りがない状態でしょうから、仕方ないですが。特に、インティライミの佐藤哲が採ったタップダンスシチー戦法には、一瞬おっと思わされました。

しかし、13万人ですか。これで、競馬人気復活!となればいいですが。安田記念は、世界的な豪華メンバーだし。
(ただし、フラッシュ炊いて写真とるのと、騒ぐのはどうにかしてほしい。)
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ