藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

BLOOD+「ふたりのシュヴァリエ」

BLOOD+「ふたりのシュヴァリエ」です。

う〜ん、なんだかとっても話が動いているようで動いていない、サプライズがあるようで実はひねりが全然ない話でした。


一応あらすじ。
「動物園を訪れた小夜ハジ。その前に現れたのは、ディーバのシュヴァリエであるソロモンだった。

すぐさま臨戦態勢を取るハジだったが、ソロモンは小夜と会話することが目的だと言い、ハジとは戦わず、小夜と二人で会話しようとする。

一方、「動物園」までたどり着いたデヴィッドとカイ、リクたちは、小夜を見つけるため、手分けして探すことにする。

その頃、「赤い盾」のリーダージョエルは、研究者コリンズとデヴィッドたちを単独行動させたのは、どうもディーヴァの声が聞こえるリクを実験材料とみているためであるような会話を交わす。

ソロモンは小夜に自分がディーヴァのシュヴァリエであることを話し、二人で会話することに成功する。

ソロモンは、小夜のことを気に入っているようだが、それはあくまでも翼手としての小夜。人間は、あくまでも敵対するものであると小夜に語りかける。小夜が育った動物園にしても、ジョエル・ゴルトシュミットが世界中の珍しい動植物を集めて、新しい生物を造り出そうとした研究所のだと。小夜とディーヴァも彼の実験材料のひとつだと説得する。

小夜はソロモンの言葉に動揺する。しかし、沖縄の宮城家は本当の家族以上の存在だとソロモンに反抗する。宮城家は、小夜が人間側に立つための拠り所になっていた。

しかしソロモンは、ディーヴァが数年の短い活動期を終えると、繭の中でおよそ30年間眠りに就くことを語る。小夜は、自分が繭の中から出てきたことに気づき動揺する。

ソロモンは、他のシュバリエが小夜を殺そうとしていることを語りつつ、自分は小夜を殺したくない、仲間になろうと説得する。

しかし、小夜がソロモンの手を取ろうとした瞬間、ハジが二人に割って入る。そして、ハジとソロモンは激しい戦いを開始する。

その頃、小夜を探すリクは、歌声を耳にしていた。その声が小夜の声であると思い、リクはかつてディーヴァが幽閉されていた塔に向かう。

ハジとソロモンを追う小夜は、青いバラが散っていることから、塔を怪しみ駆け上がる。そしてその塔で小夜が見たものは、自分そっくりでただ目の色が青である女性が、リクの首に噛み付いている姿だった...」

第1期のエンディングから示されていた、リクの戦いへの参戦が現実化しそうなエンディングでした。
元々ディーヴァの声が聞こえたりと、シュバリエになれる(?)素質、もしくはシフ化する素質があったように思えます。どうなのでしょうか?

あとは、青いバラがどういう意味を持っているのかが気になりますね。動物園が実験場もしくは研究所の意味合いを持っているのならば、青いバラを人工的に作り出すという暗喩なのかという気がしますが。

小夜自体の魅力不足を2体にして補おうという目論見が見えますが、成功するでしょうか。あきらめて脇役のエピソードで固めてもよいのではという投げやりな感想を持った藍麦でした。(汗)

灼眼のシャナ「星黎殿の戦い」

Pc7j3s6q 灼眼のシャナ「星黎殿の戦い」です。

いよいよ決戦ですね。
まぁ、藍麦はヴィルヘルミナ党ではないので、もっと“頂の座”『巫女』ヘカテー能登様にたくさん出ていただきたいのですが、原作でも微々たる登場度合いなので仕方ないですね。

続きを読む

この春、このアニメを見ようかな?

エウレカもシャナもそろそろ終わりに近づいて、春から何を見るか迷う今日この頃です。

まぁ、話題は『NANA』と『デジモンセイバーズ』ですかね。
あと、百合系『ストロベリー・パニック』か。
それとも『機動戦士ガンダムSEED STARGAZER』ですか。(苦笑)

日曜日
25:00 テレビ東京系『ARIA The NATURAL』
第二期ですね。blog界では、第一期絶賛の嵐でした
からね。でも、藍麦は、原作派なので...

月曜日
25:15 テレビ神奈川『涼宮ハルヒの憂鬱』
関西では、サンテレビとKBS京都ですね。見れませ〜ん(号泣)
この春一番の楽しみだったのに〜。

火曜日
お休み〜
26:00 関西テレビ『ひぐらしのなく頃に』見るかも。

水曜日
27:10 テレビ朝日『プリンセスプリンセス』見るかも。
マンガは読んでるんだけれどね。
やはり、婦女子向けでしょう。

木曜日
お休み〜
18:00 TV大阪『ゼーガペイン』見るかも〜。

金曜日
26:30 TV大阪『SIMOUN シムーン』
いえ、キャラデザの西田 亜沙子さんとか、エンディングのsavage geniusが好きだとか、声優がいいなとかではありません。たぶん。

土曜日
10:00 TV東京系『ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!』
レポート書いてないけれど、やっぱり傑作だよね。

18:00 MBS『BLOOD+』(継続)
一応続けて見ようかな。

さあ、どのアニメが面白いかな。

交響詩篇エウレカセブン「プラネット・ロック」

E_3 交響詩篇エウレカセブン「プラネット・ロック」です。

うむうむ、いよいよラストが近づいていた。
最後の決戦には、数的に圧倒的不利に突入するのが王道です。ですから、ホランドたちが、突っ込んでいくのも当然の成り行きですね。(本当か?)

続きを読む

BLOOD+「動物園」

Zn_fce6e BLOOD+「動物園」です。

困ったもんです、会社のサーバのハードディスクがクラッシュです。
ということで、あんまり余裕がないのでBLOOD+の感想は簡単に。

今回もまた、お得意の「なんだか知らないが記憶を取り戻した」パターンです。何故、過去が明らかになるネタを簡単に思い出すということでやりますかね。まったく芸がありません。

何か苦労して暴き出すとか、エピソードがあって過去が浮きでてくるようなことをして欲しいものです。

ということで、ハジファンには良い回だったかもしれませんが、一般人には今一つの回でした。

灼眼のシャナ「揺らぐ炎」

R20_tvh_ 灼眼のシャナ「揺らぐ炎」です。

終わりに向けて、加速する〜と思いきや、今週は中合いのような回でした。
しかし、完全に休みというわけではなく、次週からの決戦に向けて整理中というような感じでしたね。

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「ドント・ユー・ウォント・ミー?」

E_4 交響詩篇エウレカセブン「ドント・ユー・ウォント・ミー?」です。

「交響詩篇エウレカセブン」最終回、4月2日(日)は、なななんと「最終回1時間スペシャル」だそうです。
ああ、2話分のボリュームですか、楽しみ〜。

それはともかく、遅れているので、さくさくと行きます。

続きを読む

BLOOD+「すっぱいブドウ」

Nouqghx1 BLOOD+「すっぱいブドウ」です。

仕事のトラブルで、すっかり出遅れたので、今回は簡潔に。
でも、話的には、フランス編の幕間ということで、結構色々あった気がする。

あらすじは、出遅れたので書きません。

今回のポイントは、やはりアルジャーノがアイスランドから電話をソロモンにかけて、焦って飴を落としたこと。
違いますね。
真央と岡村の漫才。
違いますね。
やっぱり、シフたちの行動でしょう。
メンバーは8名、どうやら自分たちが生き延びるために小夜の血が欲しいということのようですね。
シフは、人間の姿のままの翼手のようなもの何でしょうか。烙印は、ジョージなどのものと同じですね。また、陽の光を浴びれないのはどうしてでしょう。翼手になるとだめなのでしょうか?

シュバリエたちが大々的に登場して、動物園が楽しみになってきた上に、どこか野暮ったいシフたちの登場で、視聴者のすべての層を抑えた感じですね。

でも、BLOOD+の本当の楽しみはどこに?どうやら次回の動物園で方向性が見えそうです。

ああ小旅行

お客様先トラブルで小旅行です。
いつまでか、投稿が遅めになりそう。

灼眼のシャナ「遠ざかる想い」

Sana1jij 灼眼のシャナ「遠ざかる想い」です。

終盤に近づいてきましたって感じではありましたね。
でも、ここしばらく絵が安定していたのに対して、今週は、良い絵のシーンとぜーんぜんだめなシーンが極端でした。

続きを読む

「エンド・ゲーム〜常野物語〜」恩田 陸 ★★★☆☆

K1rmosq1 「エンド・ゲーム〜常野物語〜」恩田 陸
集英社 ISBN: 4-08-774791-3

またまた直木賞を逃した恩田さんです。
公式サイトはここです。常野だより

粗筋を説明するとネタバレになるので書きませんが、今回の登場人物は「光の帝国」でも出てきた拝島一家ですね。

まぁ「光の帝国」は短編集なので、その分「エンド・ゲーム」の方がしっかり書き込まれている、かというと、読み終わった感想は、「光の帝国」の方が沢山読んだ〜って感じでしたね。

それは、この「エンド・ゲーム」の構成に原因があると思います。登場人物たちがそれぞれの視点で同じ世界を見ている様子を、それぞれの視点で描写する、もしくは、それぞれの視点で周りの他人を見ている自分を描写するという、多重構造の箱のような構成なので、あまり大きなイベントがなく量的には少なく感じるのだと思います。
まさに、小説の構造自体が「裏返す」様子を表しているとも言えます。

でも、あんまり面白くないんだよね。気合を入れて読まないと、裏側なのかどうか分からなくなるような、確かに凝った構成だとは思うし、こういうお話が好きな人はいると思うんだけれど。やっぱり最近の恩田作品に共通する「放り出された」ような読書感が良くないと思う。本当に読者に結果を預けているというのではなく、ぽ〜んと投げ出してしまっている感じですから。

でもまぁ、これも一つの「常野物語」なので、このシリーズが好きな方はぜひというところかな。

交響詩篇エウレカセブン「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」

交響詩篇エウレカセブン「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」です。

エウレカセブンもパソコン録画失敗しました。
困りましたねぇ。この最終回も押し迫った時期に。
前回はすごく絵が良かったでしたが、今回も安定していたような気がするだけに残念です。

ということで、簡略版。

続きを読む

BLOOD+「シュバリエ」

BLOOD+「シュバリエ」です。

あらあらあら。パソコン録画失敗してますよ。
油断したなぁ。最近すっかり安定していたので、本放送しっかり見ていないや。
う〜ん。

ということで、今週は簡易版ということで。
とりあえず粗筋です。
「フランス編スタートということでしょうか。

デルタ67の実験施設のアルジャーノの元に現れたのは、新勢力シフのメンバー。彼らは、翼手を簡単に倒すとその血の味見をして去っていく。何が目的なのか。

一方、デヴィッドたち赤い楯のメンバーは船で移動する。しかし、カイたちは、エリザベータがシュバリエに取って代わられていたことに気付いた赤い楯の幹部たちに拘束され、翼手か否かの検査を受けることになってしまう。
拘束の間にカイは、赤い楯の党首の名を持つ「ジョエルの日記」を見る。そこには、小夜の今までの秘密が書かれていた。

デヴィッドたちと分かれた小夜とハジは、陸路「動物園」に向かって進んでいた。小夜は、自分が翼手の仲間であるという指摘から受けたショックから、まだ立ち直っていなかった。

そんな中、赤い楯と小夜の仲間割れを演出したシュバリエたち。フランスでカールを除く四人のメンバーが集まっていた。そして、その四人と一緒に身を横たえるディーヴァ。

シュバリエたちの会話によると、小夜はシュバリエたちの花嫁、そしてハジはディーヴァの花婿ということらしい。そのため、彼らはまずハジの捕獲を目指すらしい。そして、ディーヴァの邪魔になるならば、小夜を排除すると。

シュバリエたちの中で、小夜と既に繋がりがあるソロモンは、小夜を排除することに悩んでいた。そんなソロモンを襲ったのは、アルジャーノの前に現れたのと同じシフのメンバーたちだった...」

ということで、今回は、全体勢力図の整理がされ、すっきり分かりやすくなりましたね。

しかも、新キャラも勢ぞろいって感じです。某うちの同居人は、今まで見なかったくせに、ジョエル登場で大騒ぎ(?)です。アスラン君は偉大ですね。

それよりも、しんちゃんパパですね。すごいね藤原さん。しんちゃんパパからホランドに行って、こんどはオカマキャラですか。良くこなせるなぁ。

ということで、すっかり婦女子狙いっぽくなってきた気がしますが。でも、フランス編ということで、岡村さんと真央ちゃんも出てくるでしょう。今週、思いっきりワインで伏線?貼ってあったし。楽しみにしておきましょう。

というより、藍麦は、リクの翼手検査の結果の方が気になったりしています。

灼眼のシャナ「非情のヴィルヘルミナ」

3adpvkcc 灼眼のシャナ「非情のヴィルヘルミナ」です。

人間関係的には緊張が漂いますが、[仮装舞踏会(バル・マスケ)]が近づいてくる緊迫感はありませんね。
砂漠にたたずむヴィルヘルミナを見せたときには、“千変”シュドナイの大暴れが見れるのかと思ったのですが。

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」

E_5 交響詩篇エウレカセブン「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」です。

う〜ん、今週はなんなんでしょうか?先週までガーッと盛り上がったので、なんだか見ていて変な気分です。いや、悪いというわけではなくて、なんだか本当に何をやろうとしているのか分からなくなっちゃったって感じですね。

続きを読む

BLOOD+「折れたココロ」

Regzlqkd BLOOD+「折れたココロ」です。

どうも今一つ嵌まり切れないんですよね。
なぜでしょうか?期待しているようにストーリーが展開しないからかなぁ。

取り敢えず粗筋です。
「黒いフード姿の怪しい人影が、少女を襲う。少女は、黒フードの面々に血を吸われ倒れる。黒いフードのメンバーは、どうやら小夜を追っているらしい。「イレーヌ」と呼ばれた少女は、小夜の夢に出てきた少女に似ている。

一方、小夜たちはホテルに到着したが、デヴィッドたちはスベルドロフスクに出かけていて不在だった。

そんな中、リーザと小夜は、翼手について、小夜が戦う理由について議論する。小夜は、皆を守るために戦うというが、小夜の存在理由は別にあるはずと、リーザは指摘する。議論に窮する小夜だったが、リクが熱を出し倒れ、議論は中断する。

リクの看病をする小夜だったが、リーザは、ついに自分の正体を小夜にバラす。リーザとの決戦に挑む小夜とハジだったが、彼女には歯が立たない。

そして、リーザは、小夜に自分が翼手であることを認めるように諭すのであった。そして、さらにディーヴァが小夜の血族であることを告げる。

そんな、リーザと小夜の闘いを見つめる黒フードの面々がいた...」

さて、リーバが動きだしましたが、声が色々変わるところをみると、男性?っ気がしました。んで、エンディングを見てみると、あらあらそこには種明かしが。

いけませんね。本編で秘密にしている内容をエンドテロップでばらしてしまうなんて。

それはさておき、予想通りディーヴァと小夜には深い関係がありそうです。血族ということは、小夜の誕生の秘密があのコンテナにあるのでしょうか。

まぁ、とりあえず興味を引かれる引きではありました。

灼眼のシャナ「戦いの中で」

Xzvqo3ds 灼眼のシャナ「戦いの中で」です。

いや、「戦いの中で」って、戦ってませんがな。
原作と戦い方が違ったので、『ラーの礫』の破壊力も、おぞましい『我学の結晶エクセレント29004-毛虫爆弾』も出てきませんでした。
あ、名台詞「なんで最初からあの翼で飛んでこなかったのかしら」もありませんでしたね。

恐らく、ストーリーの重心が原作より少しシャナに掛かっていると思われます。そのため、シャナの悲しみは、原作比1.5倍ぐらい伝わってきましたね。

続きを読む

「灼眼のシャナ XII」高橋弥七郎★★★★☆

S_8 「灼眼のシャナ XII」高橋弥七郎
電撃文庫 1217 ISBN:4-8402-3304-7

11巻が出たのが、11月末でしたっけ。なんだか微妙にいいところで、次に続くにされていたので、待ちくたびれましたよ。

11巻では、それまで散々[仮装舞踏会(バル・マスケ)]との対決を匂わせておきながら、突然”彩飄”フィレスとの邂逅(激突かな)に舵を切って驚かせたわけですが、実はこれは必然だったわけです。

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン「スターダンサー」

E_6 交響詩篇エウレカセブン「スターダンサー」です。

寝たのが早かったので、6時過ぎには目が覚めました。おかげで、エウレカセブンをリアルタイムで見れました。ラッキーでした。だって録画の途中で、エラーを起こしてレコーダーが止まっちゃったんですもの。(涙)
こんなに濃い回だったから、2〜3回見ないと感想書けないかもって思ったのに。(号泣)

続きを読む

BLOOD+「エカテリンブルグの月」

Hi6iyc6q BLOOD+「エカテリンブルグの月」です。

まぁ、今日は祭日だったのですね。熱が下がらないので病院に行って気づきました。
薬屋のおばちゃん、休日診療の情報ありがとう。大変助かりました。

ということで、粗筋です。
「デヴィッド、ルイス、そしてカイは、デルタ67の研究に携わっていたテッド・A・アダムスから情報を得ようとする。

しかし、3人が訪問したテッド・A・アダムスは既にいなくなっていた。しかし、ルイスが写真から得た情報で、スベルドロフスク51にいるらしいことがわかった。

スベルドロフスク51に急行する3人。しかし、テッド・A・アダムスはすでに翼手化したテッドの息子アンドレによって深手を負わされていた。

傷を負いながらも、カイの機転で翼手を退けたデヴィッド。虫の息のテッド・A・アダムスからディーバのことを聞き出す。奔放な性格の美少女であるらしい。」

ということで、意味ありげに、ロシア編開始時からかたられていたテッド・A・アダムスさんですが、登場したと思ったならもう退場ですね。何のためにあんなにネタ振りしてたんでしょうか。

まぁ、BLOOD+ってそんなネタが多いですね。良くいえばあっさりしている、悪くいえばストーリーが練られていないように見える。

チェルノブイリやスベルドロフスク秘密都市なんて面白いネタを持ってきておきながら、ブラフの一言で済ましてしまうなんてもったいないなぁ。

次週はまた小夜が戻ってくるようだし、楽しみにしておきましょう。
記事検索
最新コメント
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ