藍麦のブログ新館

アニメとダンス&ボーカルグループの東京女子流さんを中心に書いてます

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第13話 「たったひとつの道しるべ」

ehshell 2020-03-29 10-15-53-65 法少女まどか☆マギカ外伝   第13話 「たったひとつの道しるべ」です。最終回です。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第十二話は、『記憶ミュージアム』編でした。
ういちゃんの友人だった灯花ちゃんが実は「マギウス」であり、彼女が魔法少女についての講義するということでした。そして、その「マギウス」が構築したものが「ドッペル」によって魔法少女が魔女になることから解放するシステムということでした。
一方、いろはちゃんたちを追ってきたやちよさんは、みふゆさんと対峙することになります。
原作ゲームのラストまで行かないことは確実なので、どういうラストにするか気になりますね。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   最終話 第13話 「たったひとつの道しるべ」感想行きます。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #9「警策看取」

ehshell 2020-03-28 22-00-18-28とある科学の超電磁砲<レールガン>T #9「警策看取(こうざくみとり)」

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。まぁ原作の「とある魔術の禁書目録」というか、そのコミカライズ・スピンオフ「とある科学の超電磁砲」もずっと続いていますから、人気は高くスタッフの確保の方が問題だったのでしょうか。

いや、過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、今回放映の「大覇星祭」編の原作が終わるのに時間が掛かって、タイミングを失った方が原因のような気がします。

さて、前回の第8話は、美琴と食蜂操祈ちゃんが共闘に向かうお話しでした。
どうやら、今回の事件の裏側にいる存在が木原幻生ということが判明しました。食蜂操祈ちゃんは、彼との関係で何かをしようと動いているようですが、それはどうやら美琴にも関係するようですね。
ということで、二人は共闘して木原幻生の元に向かうわけですが。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第9話「警策看取握」さくさくと行きます。続きを読む

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第12話 「どうして こんなにみじめなんですか」

2020032204 法少女まどか☆マギカ外伝   第12話 「どうして こんなにみじめなんですか」です。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。
個人的には、この冬で、一番楽しみにしています。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第十一話は、『記憶ミュージアム』編でした。
さなちゃんが加わって、みんなが仲良く暮らせるようになったと思われたみかづき荘でしたが、そこに以前のみかづき荘の住人みふゆさんがやってきてという感じです。
みふゆさんの目的は、いろはちゃんたちを「マギウスの翼」に誘うための講義に連れ出すことなのか、それともやちよさん絡みの嫉妬なのか。釈然としないまま、いよいよ「マギウス」灯花ちゃんの登場です。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   第12話 「どうして こんなにみじめなんですか」感想行きます。
続きを読む

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 21「Grand Order」

20200322Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episod21「Grand Orderです。

いよいよ最終回です。

『Fate/Grand Order』としては、過去に『Fate/Grand Order -First Order-』として、ゲーム本編の序盤の出来事を一度映像化しています。また、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』として、ゲームの第2部の序盤を映像化しています。

この『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、ゲームの第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」をベースにしたもののようです。人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、七つの特異点を復旧するために六つの時代と地域を旅してきたのですが、今回は、その最後の特異点のお話しになります。

前回の20話は、ティアマトといいますか「ビーストⅡ」との最終決戦でした。
これは劇場版ですかというほどの熱い展開で、引き込まれました。
今週は、後日談というところでしょうか。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第21話「Grand Order」感想書いておきます。続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #8「超電磁砲×心理掌握」

ehshell 2020-03-21 10-53-48-04とある科学の超電磁砲<レールガン>T #8「 超電磁砲(レールガン)×心理掌握(メンタルアウト)」

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。
コロナの影響で三週間ぶりですね。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。まぁ原作の「とある魔術の禁書目録」というか、そのコミカライズ・スピンオフ「とある科学の超電磁砲」もずっと続いていますから、人気は高くスタッフの確保の方が問題だったのでしょうか。

いや、過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、今回放映の「大覇星祭」編の原作が終わるのに時間が掛かって、タイミングを失った方が原因のような気がします。

さて、前回の第7話は、美琴がついに学園都市暗部と接触するお話しでした。
「液化人影(リキッドシャドウ)」という能力を持つ警策看取ですが、御坂美琴に死なれては困ると語っていました。なので、計画に美琴が組み込まれいることは確かのようですが、求めているのが御坂妹なので、そこにどういう関係があるかでしょうか。
そして、もう一つ食蜂操祈ちゃんもそこに関わっているようですが、どういう位置づけなのかということですね。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第8話「超電磁砲×心理掌握」さくさくと行きます。続きを読む

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第11話 「約束は午後三時、記憶ミュージアムにて」

2020032103 法少女まどか☆マギカ外伝   第11話 「約束は午後三時、記憶ミュージアムにて」

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。
個人的には、この冬で、一番楽しみにしています。
今週も遅くなりました。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第十話は、『うわさの電波塔』編から『記憶ミュージアム』編へのつなぎでした。
さなちゃんのお話しのフォローをしながら、アリナ・グレイとひとまずの決着戦をするという感じですか。
どうやら、やちよさんと友達だった梓 みふゆさんと巴マミさんは、「マギウスの翼」のメンバーのようですが、「マギウスの翼」も一枚岩ではないようで。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   第10話 「私の名前」感想行きます。
続きを読む

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 20「絶対魔獣戦線メソポタミア Ⅱ」

2020032101Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episod20「絶対魔獣戦線メソポタミア Ⅱ」です。

今頃になって、原作のスマホゲームはじめた、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』です。
今週も遅くなりました。

『Fate/Grand Order』としては、過去に『Fate/Grand Order -First Order-』として、ゲーム本編の序盤の出来事を一度映像化しています。また、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』として、ゲームの第2部の序盤を映像化しています。

この『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、ゲームの第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」をベースにしたもののようです。人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、七つの特異点を復旧するために六つの時代と地域を旅してきたのですが、今回は、その最後の特異点のお話しになります。

前回の19話は、いよいよ藤丸たちが、冥界でティアマトと闘う展開でした。
冥界への封じ込めに成功したように見えた藤丸たちでしたが、ティアマトは強力で冥界から外に出ようともがきます。それを抑え込もうとするのですが、という展開でした。
今回は決着でしょうか?

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第20話「絶対魔獣戦線メソポタミア Ⅱ」感想書いておきます。続きを読む

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第10話 「私の名前」

2020031303 法少女まどか☆マギカ外伝   第10話 「私の名前」

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。
個人的には、この冬で、一番楽しみにしています。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第九話は、『うわさの電波塔』編でした。
基本的には、さなちゃんのお話しで、そこに新しい登場人物アリナ・グレイが絡むという展開でした。
さなちゃん推しとしては、少しお話しが駆け足過ぎな感じがしましたが、感動的ではありました。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   第10話 「私の名前」感想行きます。
続きを読む

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 19「絶対魔獣戦線メソポタミア Ⅰ」

2020031301Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episod19「絶対魔獣戦線メソポタミア Ⅰ」です。

今頃になって、原作のスマホゲームはじめた、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』です。

『Fate/Grand Order』としては、過去に『Fate/Grand Order -First Order-』として、ゲーム本編の序盤の出来事を一度映像化しています。また、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』として、ゲームの第2部の序盤を映像化しています。

この『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、ゲームの第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」をベースにしたもののようです。人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、七つの特異点を復旧するために六つの時代と地域を旅してきたのですが、今回は、その最後の特異点のお話しになります。

前回の18話は、藤丸たちが、ティアマトと闘う展開でした。
内容としては、ティアマトと藤丸チームとの闘いですが、ケツァル・コアトルとか牛若丸とか、個人の闘いもフォーカスされていて、そしてバトル描画もアニメならではの映像で、なかなか素晴らしかったです。
ただ、藤丸たちもじり貧ではありますけれど。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第19話「絶対魔獣戦線メソポタミア Ⅰ」感想書いておきます。続きを読む

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第9話 「私しかいない世界」

ehshell 2020-03-01 09-06-32-43 法少女まどか☆マギカ外伝   第9話 「私しかいない世界」

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。
個人的には、この冬で、一番楽しみにしています。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第八話は、『うわさの電波塔』編でした。
レナちゃんから聞いた『ひとりぼっちの最果て』のうわさを追いかけるいろはちゃんたち。彼女の元に謎のメッセージが届きます。
そのうわさとメッセージから、いろはちゃんは、「二葉さな」という少女に辿り着きます。その少女がメッセージを送ってきているのでしょうか。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   第9話 「私しかいない世界」感想行きます。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #7「Auribus oculi fideliores sunt.」

ehshell 2020-02-29 09-28-05-42とある科学の超電磁砲<レールガン>T #7「Auribus oculi fideliores sunt.(見ることは聞くことより信じるに値する)」

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。まぁ原作の「とある魔術の禁書目録」というか、そのコミカライズ・スピンオフ「とある科学の超電磁砲」もずっと続いていますから、人気は高くスタッフの確保の方が問題だったのでしょうか。

いや、過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、今回放映の「大覇星祭」編の原作が終わるのに時間が掛かって、タイミングを失った方が原因のような気がします。

さて、先週の第6話は、誰かに攫われた疑惑のあった御坂妹を救いに行った婚后さんが何者かに襲われたことを知った湾内さんと泡浮さんが彼女を救い出し、相手を倒すというお話しでした。
超電磁砲のごくごく初期、第二話で登場したときには、湾内さんと泡浮さんがこういう重要キャラになるとは思わなかったですね。さて、ついに暗躍する敵と接触した美琴が今週どうするのかというのが気になります。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第7話「Auribus oculi fideliores sunt.」さくさくと行きます。続きを読む

東京女子流*台風19号復興応援イベント・ミニライブ&特典会のご案内@東陽町イースト21

チーバくん東京女子流*台風19号復興応援イベント・ミニライブ&特典会のご案内@東陽町イースト21

東京女子流の新曲「薔薇の緊縛」のリリースイベントを兼ねた、台風19号復興応援イベントです。
メインは千葉県ですね。

その東京女子流ですが、前日は奈良県で「なんと立派なアイドルフェス!」に出演していて、とんぼ返りでこのイベントに出演したことになります。またその奈良の前は、東京でイベントやってましたから、忙しいですね。
まぁ、忙しいのはいいことなんですが、新井ひとみさんは、ソロの販促イベントもあって、もっと忙しいようで、からだに気をつけて欲しいですね。特に2月は鬼門なので。

今回はその他も、「台風19号復興応援イベント・ミニライブ&特典会のご案内@東陽町イースト21」ということで、女子流のフリーライブ以外にも、ゆるきゃらイベントやビンゴ大会(アスタライトがみんな牛タンを欲しがっていたのは、司会の人に受けてました)など、色々楽しめました。
キャプチャは、ビンゴで当たった、千葉のお菓子です。

ということで、と遅くなりましたが、簡単に感想を書いておきます。
続きを読む

東京女子流*なんと立派なアイドルフェス!Vol.1(なんフェス!)

なんフェス東京女子流*なんと立派なアイドルフェス!Vol.1(なんフェス!)

コロナウィルスなど色々と騒がしい世の中ですが、東京女子流がメインゲストとして参加するフェスがありましたので、参加してきました。ただ、二部構成だったのですが、都合で参加したのは二部目だけでした。

その「なんと立派なアイドルフェス!」ですが、奈良にアイドル文化を根付かせるためということで開催されるアイドルフェスで、今回がその第一回目となります。そのメインゲストとして、東京女子流が呼ばれたわけですね。
ちなみに新井ひとみさんが、オープニングアクトとなります。

奈良でライブを見たことがなかったので、大阪からだと1時間もかからず行けることもあって、さくさくと参加してきました。

ただ、東京女子流がその日に帰るために、1部と2部の間にまたいで特典会を開催するということになって、参加方法がよく分からず、東京女子流運営のUTMさんや、フェス主催者の方に非常にご迷惑をかけてしまいました。忙しいのに丁寧に調整していただいて、ありがとうございました。
特に、フェス主催者の方は、非常にてきぱきと対応していただいて、すごく好感が持てました。

ということで、と遅くなりましたが、簡単に感想を書いておきます。
続きを読む

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第8話 「絶対に返信しちゃだめよ」

2020022305 法少女まどか☆マギカ外伝   第8話 「絶対に返信しちゃだめよ」

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。
個人的には、この冬で、一番楽しみにしています。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第七話は、『フクロウ印の給水屋』編のラストでした。
ここでのメインは、やはりフェリシアちゃんでしょうね。結局仲間になりました。
そしてもう一つのポイントは、敵としての「マギウスの翼」が明確になったことでしょうか。まぁ、存在は相変わらず謎なので、明確になったということではありませんが、ひとまず敵に「マギウスの翼」がいるということが分かったということですね。
そして、みかづき荘にいろはちゃんが引っ越すことで、チームみかづき荘としてやちよさんもフェリシアちゃんといろはちゃんがまとまった感じですね。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   第8話 「絶対に返信しちゃだめよ」感想行きます。
続きを読む

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 18「原初の星、見上げる空」


2020022302Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episod18「原初の星、見上げる空」
です。

今頃になって、原作のスマホゲームはじめた、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』です。

『Fate/Grand Order』としては、過去に『Fate/Grand Order -First Order-』として、ゲーム本編の序盤の出来事を一度映像化しています。また、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』として、ゲームの第2部の序盤を映像化しています。

この『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、ゲームの第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」をベースにしたもののようです。人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、七つの特異点を復旧するために六つの時代と地域を旅してきたのですが、今回は、その最後の特異点のお話しになります。

前回の17話は、藤丸たちが、ティアマトと闘い一度はそれを打ち破るという展開でした。ただ打ち破りましたが実はということでしたが。
ティアマトは、本体を蘇らせてより強力になりました。決して死なないというティアマトを倒すために会議を躍らせたギルガメッシュたちは、冥界を使うという作戦を実行に移すことにしますが。
という感じでしょうか。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第18話「原初の星、見上げる空」感想書いておきます。続きを読む

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第7話 「一緒に帰りたい」

2020021606 法少女まどか☆マギカ外伝   第7話 「一緒に帰りたい」

遅くなりました。

『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』で、原作はスマホゲームになります。
個人的には、この冬で、一番楽しみにしています。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」は、大人気だった「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝的なお話しになります。


「魔法少女まどか☆マギカ」の続編としては、映画になった「魔法少女まどか☆マギカ「[新編]叛逆の物語」」がそれにあたりますが、このお話しは外伝になります。
主人公は、鹿目まどかちゃんから環いろはちゃんに、舞台は見滝原市から神浜市に変わります。
ただ、見滝原市の魔法少女たちも登場するようですね。

先週の第六話からは、『フクロウ印の給水屋』編でした。
今回からメインはフェリシアちゃん登場という感じではありますが、実際には「マギウスの翼」登場編でしょうね。
そのフェリシアちゃんといろはちゃんが、フクロウ幸運水を飲んでしまって一緒になって「うわさ」を探すのですが、しかしながらフェシリアちゃんはどうやら「マギウス」側についてしまってという展開でした。
登場人物が入り乱れて、どうなるんでしょうか。

ということで、マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝   第7話 「一緒に帰りたい」感想行きます。
続きを読む

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 17「会議は踊る」

2020021602Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episod17「会議は踊る」です。

遅くなりました。遅くなったので、簡単に。

今頃になって、原作のスマホゲームはじめた、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』です。

『Fate/Grand Order』としては、過去に『Fate/Grand Order -First Order-』として、ゲーム本編の序盤の出来事を一度映像化しています。また、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』として、ゲームの第2部の序盤を映像化しています。

この『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、ゲームの第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」をベースにしたもののようです。人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、七つの特異点を復旧するために六つの時代と地域を旅してきたのですが、今回は、その最後の特異点のお話しになります。

前回の16話は、キングゥの心臓に聖杯が隠されていることが判明するところから始まりました。
その心臓をラフムに奪われ、奪ったラフムはその聖杯をティアマトの元に運ぼうとします。
藤丸たちは、それを防ごうとしますが、聖杯はティアマトの元に届けられ、彼女はついに復活してしまいます。このあと人類は滅ぶしかないのか、決戦が始まります。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第16話「目覚め」感想書いておきます。続きを読む

東京女子流*新*定期ライブ「EPISODE-43 ~"M"~」「EPISODE-44 ~白雪姫のつもりで仮装したはずなのにダークに仕上がってしまった件~」

2020021601東京女子流*新*定期ライブ「EPISODE-43 ~"M"~」「EPISODE-44 ~白雪姫のつもりで仮装したはずなのにダークに仕上がってしまった件~

一昨年の6月から始まりました東京女子流のワンマンライブシリーズ「新*定期ライブ」。
基本はSHIBUYA PLEASURE PLEASUREということで、今回はその第43弾、第44弾になります。

今回の新*定期ライブは、バンドライブ二日間の直後で、準備期間もなかったことですし、前日のバレンタインライブから二日続けての公演で、しかも第42弾のバレンタインライブもなかなかレアな感じで素晴らしかったので、どうなるかなぁという心配もあったのですが(特に「M」の方)、蓋を開けてみると素晴らしいライブでした。

総じてこの二日間の3ライブは、今までの新定期ライブの中でも、出色の内容だったと思います。感動しました。

ということで、簡単にですが、さくさくと感想を書いておきたいと思います。

と、いつもながらにお世話になったアスタライトさんたち、ありがとうございました。
続きを読む

東京女子流*新*定期ライブ「EPISODE-42 ~チョコをあげたい~」

2020021401東京女子流*新*定期ライブ「EPISODE-42 ~チョコをあげたい~

一昨年の6月から始まりました東京女子流のワンマンライブシリーズ「新*定期ライブ」。
基本はMt.RAINIER HALL 渋谷ということで、今回はその第42弾になります。タイトルからもわかるように、バレンタインということですね。そのために、平日公演です。

平日公演ということで、行けないだろうなぁなんて思いながらチケットを買ったんですが、なんだかお客様先に行くことになって、そのままなんだかライブに行けることになってしまいました。ありがたいことです。(本当か?)

今回の新*定期ライブは、バンドライブ二日間の直後ということで、ちょっと集客に苦戦している感じではありましたが、まぁ平日公演ですし販売期間自体もどうかなという感じだったので、今後に期待というかんじでしょうか。ちょっとコロナの影響もありそうですし。

ということで、15日も続けて新定期ライブがあるので、簡単にですが、さくさくと感想を書いておきたいと思います。

と、いつもながらにお世話になったアスタライトさんたち、ありがとうございました。
続きを読む

とある科学の超電磁砲<レールガン>T #6「開戦」

2020021501とある科学の超電磁砲<レールガン>T #6「開戦」です。 

シリーズ第三弾『とある科学の超電磁砲T』です。

「とある科学の超電磁砲T」は、アニメ的には「とある科学の超電磁砲」のシリーズの第三弾になります。長井龍雪さんが監督なのは、過去二作と同じですね。
第二弾の「とある科学の超電磁砲S」が終わったのが、2013年6月ですから、約6年半ぶりの復活となります。まぁ原作の「とある魔術の禁書目録」というか、そのコミカライズ・スピンオフ「とある科学の超電磁砲」もずっと続いていますから、人気は高くスタッフの確保の方が問題だったのでしょうか。

いや、過去の「とある科学の超電磁砲」では、前半に原作通りのストーリーを使って後半はオリジナルストーリーという展開でした。「とある科学の超電磁砲S」のオリジナルストーリー「Silent Party」編がちょっと今一つだったことからも、今回放映の「大覇星祭」編の原作が終わるのに時間が掛かって、タイミングを失った方が原因のような気がします。

さて、先週の第5話は、誰かに攫われた疑惑のあった御坂妹を婚后さんが救いに行くというお話しでした。
食蜂操祈ちゃんに動きを封じられた美琴の代わりに婚后さんが大活躍するわけですが、相手が学園都市暗部ということで、策略に嵌まってしまいます。婚后さんの「空力使い(エアロハンド)」の能力の凄さを見れたわけですが、窮地に陥ったということで、今週はその彼女を誰がどうやって救うかというところですね。

ということで、とある科学の超電磁砲<レールガン>T 第6話「開戦」さくさくと行きます。
続きを読む
記事検索
最新コメント
RSS
週間ページランキング
アーカイブ
カテゴリー
アクセスランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ